Intel Sapphire Rapids-XHEDTとRaptorLakeのメインストリームデスクトップCPUプラットフォームが2022年第3四半期に発売されると噂

(Source:wccftech)

Intelは、2022年第3四半期に次世代のSapphire Rapids-X HEDTおよびRaptor Lakeの主メインストリームデスクトップCPUプラットフォームを発売すると噂されています。

Intelが2022年第3四半期に次世代のSapphire Rapids-X HEDTとRaptor LakeのメインストリームデスクトップCPUプラットフォームを発売?!

Intelの次世代HEDTおよびメインストリームデスクトップCPUファミリに関する最新情報は、Momomo_USから提供されています。リーカーは、Fishhawk Falls HEDTを表す魚と、Raptor Lake メインストリーム CPUプラットフォームを表す恐竜の写真をツイートしました。どちらもQ3として言及されています。これは、Intelの次のデスクトップアップグレードがAlder Lakeラインナップから10〜12か月以内に予定されていることを意味します。
https://twitter.com/momomo_us/status/1460244278647480324?ref_src=twsrc%5Etfw”
IntelのSapphire Rapids-X HEDT CPUファミリについて

IntelのSapphire Rapids HEDTラインナップはW790プラットフォームで発売されると言われています。X699チップセットの最近のドライバーリストがありましたが、リーカーが偽物であると主張しているので、プレースホルダーのようです。W790チップセットは、AMDのThreadripper Proポジショニングと同様に、Sapphire Rapids HEDT CPUファミリがプロシューマー市場を対象としているように見えます。重要なのは、ラインナップが第13世代Raptor Lake CPUと同時期の2022年第3四半期にデビューする予定であるということです。

IntelのXeonベースのSapphire Rapids-SPチップは、最大56コアとLGA4677ソケット互換性を備えていると予想されます。IntelがHEDT /ワークステーションプラットフォームに同じソケットとSKU範囲を接続する必要がない限り、Sapphire Rapidsワークステーション「W」とHEDT「X」チップは異なるソケットとコア数の削減を取得する可能性があります。数年前からAMD ThreadripperによってHEDTおよびワークステーションセグメントでかなりひどく打ちのめされているため、Intelは間違いなく後者のルートを進むように見えます。

Sapphire Rapids CPU用の10nm Enhanced SuperFinアーキテクチャ、64 PCIe 5.0レーンのサポート、8チャネルDDR5メモリ、プロシューマーやコアユーザーを対象とした多くの新しい拡張機能などの新しいテクノロジーが期待できます。

Intel HEDT Processor Families

Intel HEDT FamilySapphire Rapids-X?Cascade Lake-XSkylake-XSkylake-XSkylake-XBroadwell-EHaswell-E
Process Node10nm ESF14nm++14nm+14nm+14nm+14nm22nm
Flagship SKUTBACore i9-10980XEXeon W-3175XCore i9-9980XECore i9-7980XECore i7-6950XCore i7-5960X
Max Cores/Threads56/112?18/3628/5618/3618/3610/208/16
Clock SpeedsTBA3.00 / 4.80 GHz3.10/4.30 GHz3.00/4.50 GHz2.60/4.20 GHz3.00/3.50 GHz3.00/3.50 GHz
Max CacheTBA24.75 MB L338.5 MB L324.75 MB L324.75 MB L325 MB L320 MB L3
Max PCI-Express Lanes (CPU)64 Gen5?44 Gen344 Gen344 Gen344 Gen340 Gen340 Gen3
Chipset CompatiblityC790?X299C612EX299X299X99 ChipsetX99 Chipset
Socket CompatiblityLGA 4677?LGA 2066LGA 3647LGA 2066LGA 2066LGA 2011-3LGA 2011-3
Memory CompatiblityDDR5-4800?DDR4-2933DDR4-2666DDR4-2800DDR4-2666DDR4-2400DDR4-2133
Max TDPTBA165W255W165W165W140W140W
LaunchQ2 2022?Q4 2019Q4 2018Q4 2018Q3 2017Q2 2016Q3 2014
Launch PriceTBA$979 US~$4000 US$1979 US$1999 US$1700 US$1059 US

Intelの第13世代Raptor Lake CPUファミリについて

Intel Alder Lake-S第12世代Coreファミリに代わって、Intel RaptorLake -Sラインナップ は第13世代Coreファミリーの一部となり、2つのまったく新しいコアアーキテクチャを備えています。これらのアーキテクチャは、パフォーマンスコアとしてRaptor Coveを備え、効率コアとして機能する拡張されたGracemontコアを備えています。

Intel RaptorLake-SデスクトップCPUのラインナップと構成

以前にリークされたデータによると、ラインナップは最近の電力推奨でリークされた3つのセグメントで構成されます。これらには、定格125W、65WのメインストリームSKU、および35Wの低電力SKUの「K」シリーズ愛好家SKUが含まれます。トップエンドついては、最大24コア、続いて16コア、10コア、4コア、2コアを搭載します。

  • Intel Core i9 Kシリーズ(8ゴールデン+ 16グレース)= 24コア/ 32スレッド/ 36 MB
  • Intel Core i7 Kシリーズ(8ゴールデン+ 8グレース)= 16コア/ 24スレッド/ 30 MB
  • Intel Core i5 Kシリーズ(6ゴールデン+ 8グレース)= 14コア/ 20スレッド/ 24 MB
  • Intel Core i5 Sシリーズ(6ゴールデン+ 4グレース)= 14コア/ 16スレッド/ 21 MB
  • Intel Core i3 Sシリーズ(4ゴールデン+ 0グレース)= 4コア/ 8スレッド/ 12 MB
  • Intel Pentium Sシリーズ(2ゴールデン+ 0グレース)= 4コア/ 4スレッド/ 6 MB

125W Intel Raptor Lake-SデスクトップSKUは、最大8つのRaptorCoveコアと16のGracemontコアを備えたCore i9モデルは合計24コアと32スレッドになります。IntelのCore i7ラインナップは16コア(8 + 8)で構成され、Core i5モデルは14コア(6 + 8)と10コア(6 + 4)で構成され、最後に4コアを搭載するCorei3モデルがあります。しかし、効率コアはありません。ラインナップには、2つのRaptorCoveコアのみを搭載するPentium SKUも含まれます。すべてのCPUは、32 EU(256コア)の拡張Xe統合GPUを備えています。特定のCore i5およびPentiumも、24個のEUおよび16個のEUi GPUで構成されます。

Intel 12th Gen Alder Lake-S & 13th Gen Raptor Lake-S Desktop CPU Comparison (Preliminary)

CPU NameP-Core CountE-Core CountTotal Core / ThreadP-Core Base / Boost (Max)P-Core Boost (All-Core)E-Core Base / BoostE-Core Boost (All-Core)CacheTDPMSRP
Intel Core i9-13900K81624 / 32TBA / 5.5 GHz?TBATBATBA36 MB125W (PL1) 228W (PL2)TBA
Intel Core i9-12900K8816 / 243.2 / 5.2 GHz5.0 GHz (All Core)2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz (All Core)30 MB125W (PL1) 241W (PL2)$599 US
Intel Core i7-13700K8816 / 24TBA / 5.2 GHz?TBATBATBA30 MB125W (PL1) 228W (PL2)TBA
Intel Core i7-12700K8412/203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz (All Core)2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz (All Core)25 MB125W (PL1) 190W (PL2)$419 US
Intel Core i5-13600K6814 / 20TBA / 5.1 GHz?TBATBATBA21 MB125W (PL1) 228W (PL2)TBA
Intel Core i5-12600K6410/163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz (All Core)2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz (All Core)20 MB125W (PL1) 150W (PL2)$299 US

Intel RaptorLake-SデスクトップCPUプラットフォームの詳細

その他の詳細には、コアCPU用のIntel独自の「ゲームキャッシュ」としてブランド化されるより大きなL2キャッシュが含まれ、クロック速度は200 MHzのブーストクロック向上を備えているため、AlderLake-SデスクトップCPUを考慮すると最大5.5GHzのブーストクロックが期待できます。

Intel Raptor Lake-Sチップは、レポートが示唆するように、DDR4メモリのサポートを維持するとともに、最大5600 Mbps(6500 Mbps LPDDR5(X))のより高速なDDR5メモリ速度もサポートします。これらのSKUに構成される3つの主要なダイがあり、上部の「ラージ」ダイは8つのCoveコアと16のAtomコアで構成され、「ミッド」ダイは8つのコアと8つのAtomコアで構成され、最後に6つのCoveコアを備え、Atomコアを備えていない「スモール」ダイです。