Intel Core i5-12600K CPUはRyzen 5 5600Xより最大50%速く、Rocket Lake Corei9-11900Kも駆逐

(Source:wccftech)

Intel Core i5-12600K CPUのリークされたベンチマークの別のラウンドは、いくつかの驚くべきパフォーマンス数値を示しています。

Intel Core i5-12600K Alder Lake Mid-RangerがRocket Lake Core i9-11900Kフラッグシップを駆逐、そして、AMD Ryzen 5 5600Xより50%高速

主張されているテストでCPU-zのパフォーマンスベンチマークをすでに確認しましたが、以前に確認したパフォーマンスが実際に真実であり、Intelが最高のCorei5ゲームの1つを立ち上げようとしていることを確認する公式の検証が増えました。これまでのチップで、前世代のRyzen7やCorei9CPUなどに取り組んでいます。

Intel Core i5-12600K10コア/ 16スレッドデスクトップCPU

Intel Core i5-12600Kは、第12世代ライン内のエントリーレベルのOC可能なチップになります。CPUは、6つのGolden Coveコアと4つのGracemontコアを搭載し、合計10コア(6 + 4)と16スレッド(12 + 4)になります。Pコア(Golden Cove)は最大4.9 GHzの最大ブースト周波数で動作し、1〜2個のアクティブコアと4.5 GHzですべてのコアがアクティブになり、Eコア(Gracemont)は3.6GHzで動作します。 4コア、すべてのコアがロードされている場合は最大3.4GHz。CPUは20MBのL3キャッシュを備え、TDP値は125W(PL1)と228W(PL2)に維持されます。

パフォーマンスベンチマークは、Intel Core i5-12600Kが773ポイントのスコアでシングルコアテストを爆破し、7220ポイントでマルチコアテストを爆破したことを示しています。これにより、Core i5 Alder LakeはAMD Ryzen 5 5600Xよりも50%もリードし、AMDの8コアおよび16スレッドのRyzen 75800Xよりもさらに高速になります。これは非常に印象的です。対Core i5-12400ベンチマークをリークし、Core i5-12600Kは、それらのE-コアが適切に使用されていることを意味マルチスレッド性能が45%増加しています。加えて、より高いクロック速度は、さらにパフォーマンスが良い事を伝えています。IntelのRocket Lakeフラッグシップでさえも、凌ぐスコアを提供しています。これは、シングルコアテストで13%速く、マルチコアテストで10%速くなっています。

Intel Core i5-12600Kは、Rocket LakeのフラッグシップであるCore i9-11900Kを簡単に打ち負かします。これは、これらの数値が信じられるのであれば、IntelがAMDに主流セグメントでの厳しい時間を真剣に与えることを示しています。今後わずか数週間で、Core i5-12600Kは、多くの消費者、特にゲーマーが興味を持つ1つのチップになるでしょう。

Intel Core i5 Desktop CPU Generational Comparison

CPU NameCore i5-12600KCore i5-11600KCore i5-10600KCore i5-9600KCore i5-8600KCore i5-7600KCore i5-6600K
Family12th Gen Alder Lake11th Gen Rocket Lake10th Gen Comet Lake9th Gen Coffee Lake8th Gen Coffee Lake7th Gen Kaby Lake6th Gen Skylake
ArchitectureGolden Cove (P-Core)
Gracemont (E-Core)
Cypress CoveSkylakeSkylakeSkylakeSkylakeSkylake
Process NodeIntel 7 (10nm ESF)14nm14nm14nm14nm14nm14nm
CPU Cores10 (6+4)666644
CPU Threads16 (12+4)12126644
Base Clock3.70 GHz (P-Core)3.90 GHz4.10 GHz3.70 GHz3.60 GHz3.90 GHz3.50 GHz
2.80 GHz (E-Core)
Boost Clock4.90 GHz (P-Core)4.90 GHz4.80 GHz4.60 GHz4.30 GHz4.20 GHz3.90 GHz
3.60 GHz (E-Core)
Cache20 MB L312 MB L312 MB L39 MB L39 MB L36 MB L36 MB L3
TDP (PL1)95W95W95W95W95W91W91W
Price$262?262262262257257242
Launch2021202120202018201720172015

このパフォーマンスはAMD Ryzen 7 5800Xと同等かそれを超えるはずですが、価格はどのようになるのでしょうか。Core i5-12600Kは、以前のIntel Corei5チップの価格に従う必要があると述べられています。第7世代から最近の第11世代Rocket Lake部品までのIntelのCorei5 CPUの過去の価格を見ると、MSRPはUSD$260から270の価格範囲内にとどまっていることがわかります。Intelが第12世代プロセッサを搭載したCore i5 CPUの価格モデルを変更する可能性は低いため、その場合は、Core i5-12600Kを約USD$260で検討します。また、「KF」も導入され、小売価格が約USD$25〜30低くなり、全体の価格がUSD$235〜245の範囲に下がることにも注意してください。

このように考えると、Ryzen 5 5600XよりもUSD$30安いプロセッサで、USD$400以上のチップであるAMD Ryzen 7 5800Xよりも基本的にわずかに優れたパフォーマンスが得られます。それは絶対に驚異的な取引のように聞こえます。明らかに、新しいプラットフォームへの投資や新しいOSプラットフォーム(この場合はWindows 11)への移行など、いくつか乗り越えなければならない壁があります。これにより、コストと労力が増加しますが、これらの短期的な懸念を考慮しない場合、 Core i5-12600Kは、非常識な価値提案ではるかに優れたパフォーマンスを提供することになります。さらに、Core i5ラインナップで12600Kがセグメント化されているため、その消費電力と熱はハイエンドモデルほどではないと述べられています。

関連記事