AMDRaphaelZen4ベースのCPUは16コア?!

AMD Ryzen ‘Rapahel’ Zen 4 Desktop CPU Package Pictures (Image Credits: ExecutableFix)

(Source:wccftech)

デスクトップCPUのAMD Raphael Zen4シリーズの噂が広まりつつあります。いくつかの情報源によって、利用可能なコアの数は16コア標準ではなく24コアになると記載されていました。この噂は、ExecutableFix(Twitterの@ExecuFix)によって、新しいAMD Raphael Zen4シリーズの代わりに16コアが搭載されることを反映して異議を唱えられました。これは、現在AMD Ryzen 9 5950X CPUと同じ数です。コア数が多い事がIntelに対してのアドバンテージであった事を考慮すると残念に感じます。


ゲーマーズネクサスは2020年3月に、2つのスライドを示す情報をリリースしました。1つは8コアと16スレッドの2つのZen4シリーズCCDに言及しています。他の噂と同様に、情報は昨年に変更されました。これは、情報がさらに8つのスレッドを追加した理由を説明していました。現時点での情報はあくまでも噂というレベルでとらえる必要があります。
この新しい情報は、IntelのAlder Lake-Sが同じ数のコアと一致することも意味します。Intel Alder Lake-SとAMD Raphael Zen4の違いは、Intel CPUがコアの半分の電力を分割し、以前のモデルよりも高いパフォーマンスに焦点を合わせ、コアの残りの半分をより高い効率で分割することです。以前のモデルより増加します。AMD Raphael Zen4 CPUは、16コアすべてからより高いパフォーマンスを実現するために厳密に作成されたコアのみを搭載する予定です。Patrick Schur(Twitterの@patrickschur_)も、AMD Zen4Raphaelシリーズに関する情報を追加しています。彼は、Raphaelシリーズには最大16コアのTSMC 5nm製造ノードと、170Wもの電力に押し上げる熱設計ポイントがあると述べています。