Intel Core i7-11700K Rocket Lake CPUはすでに顧客に販売されパフォーマンスベンチマークがリーク

(Source:wccftech)

ほんの数日前に発表日や発売日が発表されたのですがなんと、既にIntelのCore i7-11700K Rocket Lake CPUは最初の顧客の手に渡りました。主にドイツからのバイヤーは、開封写真と小売CPUの最初のパフォーマンスベンチマークを投稿しました。

Intel Core i7-11700K Rocket LakeデスクトップCPUが最初の顧客へパフォーマンスとベンチマークがリーク

Intel Core i7-11700K Rocket LakeデスクトップCPUは、3月16日まで予約注文が可能でなく、3月30日にハードローンチが予定されています。しかし、ドイツ最大の小売業者の1つであるMindFactoryは、数日前に予約注文のためにCPUをリストアップし、顧客は発売の1か月前に手に入れることができました。リテールチップの動作を確認するのもこれが初めてですが、前に詳しく説明したように、ゲームとマルチコアCPUのパフォーマンスを向上させるために、3月中旬に到着するRocket Lake CPUの新しいマイクロコードアップデートが計画されているので、今回のの結果が最終的なものになると期待しないでください。

Intel Core i7-11700K 8コア/16スレッドRocketLakeデスクトップCPUの仕様

Core i7-11700Kは、8コア/16スレッドのCore i9-11900Kと同じコア構成を備えていますが、クロック速度が低下しています。シングルで5.0 GHz、8コアオールコアで4.6GHzのブーストクロックを備えていると言われています。CPUは同じ量のキャッシュを保持するため、何も変更されていませんが、主な違いはクロックと電力制限にあるはずです。このビンの低いチップは、約225〜250 W(PL2)の制限になりますが、PL1の制限は125Wで標準になります。PL1レーティングのTAU期間は56秒ですが、PL2レーティングのTAU期間は2.44ミリ秒です。

Core i9とCore i7のわずかな違いは小さなオーバークロックで克服できるため、Rocket Lake CPUがどのようにオーバークロックするかを見るのは興味深いでしょう。価格については、Core i7もCore i9よりも安価ですが、Intelが8コアのRocket Lake-SデスクトップCPUの価格をどのように設定するかはまだわかりません。IntelがCorei9で約USD$400、Core i7でUSD$300でいずれも積極的な価格設定する可能性があるという報告があります。これは、AMDのZen3ベースの部品にUSD$500未満で対抗したい場合に大きな決断となる可能性があります。

Intel 11th Gen Rocket Lake Desktop CPU Lineup Specs(暫定)

CPU NameCores / ThreadsBase ClockBoost Clock (1-Core)Boost Clock (All-Core)CacheGraphicsTDP (PL1)
Core i9-11900K8/163.50 GHz5.30 GHz4.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i9-119008/161.80 GHz4.40 GHz3.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i9-11900T8/16TBCTBCTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i7-11700K8/16TBC5.00 GHz4.60 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i7-117008/162.50 GHz4.90 GHzTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i7-11700T8/16TBCTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-11600K6/12TBC4.90 GHz4.60 GHz12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i5-116006/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i5-11600T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-115006/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i5-11500T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-114006/122.60 GHz4.400 GHz4.20 GHz12 MBIntel Xe 24 EU (192 Cores)65W
Core i5-11400T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 24 EU (192 Cores)35W

Computerbase、PCGamesHardware、およびHardwareLuxxフォーラムのユーザーが、Intel Core i7-11700K CPUの開封とパッケージショットを投稿しました。予想通り、小売用パッケージは、数日前に見たものよりも、Videocardzからリークされたパッケージと一致しています。CPUは、Intelの最新のロゴデザインを備えた標準の段ボールパッケージで提供され、CPU自体を表示するための切り欠きがあります。

CPUはいつものようにプラスチックの容器に梱包され、その他の内容物には黒色のストックIntelヒートシンクと保証マニュアルが含まれています。ほとんどのユーザーは、Intel Rocket Lakeチップの可能性を最大限に活用したい場合は、手元にあるCPUヒートシンクを廃棄し、ハイエンドの水冷ソリューションを使用します。

Intel Core i7-11700K8コアおよび16スレッドRocketLakeデスクトップCPUベンチマーク

さて、パフォーマンステストについて話しましょう。テストは、16GBのG.Skill ARESメモリ(DDR4-3200)、Xilence LiquRizer 240 AIOクーラー、およびAMD Radeon RX 6900XTグラフィックスを搭載したMSIMEG Z490IUnifyマザーボードで行われました。カード(バー&レイジモードが有効)。実行されたCPUベンチマークはたくさんあるので、それらをすべて分解して、在庫で実行されたものと、オーバークロックされた速度で実行されたものを確認します。

Intel Corei7-11700Kストックおよび4.9GHz OC Cinebench R20ベンチマーク

Intel Corei7-11700Kストックおよび4.9GHz OC Cinebench R23ベンチマーク

Intel Corei7-11700Kストックおよび4.9GHz OC 3DMark TimeSpyベンチマーク

Intel Corei7-11700Kストックおよび4.9GHz OC CPU-zベンチマーク

また、ユーザーは、Intel Core i7-11700K Rocket LakeデスクトップCPUをCPU-zベンチマークで、ストック、AVX2、およびAVX-512命令セットを使用してテストしました。結果は以下のとおりです。

Computerbaseのユーザーは、ASRock Z590M-ITX / axマザーボードと32GBのDDR4-3600MHzメモリを使用したわずかに優れた構成でCorei7-11700Kを実行しました。在庫では、CPUは上記のZ490プラットフォームでの結果よりも高速です。240mmのAIOクーラーが使用されたことを考えると、チップの最高温度は約60℃に達しました。400および500シリーズのマザーボード用にこれらのCPUをいつどこで購入できるかについてや実際の価格情報など、今後数週間でプロセッサに関する詳細情報が得られることに期待してください。

関連記事