AMD Readies Ryzen 9 5900 12 Core&Ryzen 7 5800 8 Core Zen3 OEM向けデスクトップCPUは65W

(Source:wccftech)

AMDは、Zen3アーキテクチャに基づくOEM用の2つの新しいRyzen 5000デスクトップCPU、Ryzen 9 5900とRyzen 7 5800を準備しています。これらのCPUは両方とも、OEMを対象としており、個別に販売されることはありません。

AMD Ryzen 9 5900 12コアとRyzen 7 5800 8コア「Zen3」デスクトップCPUがOEM向けに65Wで安価なCPUとして登場?

AMD Ryzen5000デスクトップCPUはすでにUSD$300のカテゴリに詰め込まれていますが、OEMは間もなくRyzen 9 5900とRyzen 7 5800の2つの新しい部品を受け取ります。CPUは、「X」シリーズの同業者と同じコア構成を提供します。しかし、主な違いは周波数とTDPにあります。Patrick SchurとMomomo_USによって明らかにされたように、両方のチップには、「X」シリーズの製品で得られる標準の105W TDPよりもはるかに低い65W TDPです。クロックは間違いなく少し低くなりますが、「X」シリーズのSKUの90〜95%以内のパフォーマンスが期待されます。Intelとは異なり、AMDはRyzen CPUのオーバークロックサポートを全面的に維持する傾向があり、今後のチップでも同じことが期待できます。

仕様に関しては、AMD Ryzen 9 5900は「100-000000062」OPNコードを搭載します。12コア、24スレッド、64 MBのL3キャッシュ、および2MBのL2キャッシュを備えています。AMD Ryzen 7 5800は、「100から000000064」を特色と8コア、16スレッド、L3キャッシュ32 MBの、L2キャッシュ4MBになります。現時点では、両方のチップのクロック速度は不明ですが、Ryzen 9 5900XおよびRyzen 7 5800Xよりもわずかに遅くなります。

どちらのCPUもわずかに安い価格で提供され、AMD Ryzen 9 5900の価格は約USD$499ですが、Ryzen 7 5800の価格はUSD$399になるようです。今後数週間のうちに、ビルド前のデスクトップPC構成の一部としてOEMによってリストされると予想されます。

AMD Ryzen 5000 Series Vermeer CPU Lineup

CPU NameCores/ThreadsBase ClockBoost ClockCache (L2+L3)PCIe Lanes (Gen 4 CPU+PCH)TDPPrice
AMD Ryzen 9 5950X16/323.4 GHz4.9 GHz72 MB24 + 16105W$799 US
AMD Ryzen 9 5900X12/243.7 GHz4.8 GHz70 MB24 + 16105W$549 US
AMD Ryzen 9 590012/24TBATBA64 MB24 + 1665W$499 US?
AMD Ryzen 7 5800X8/163.8 GHz4.7 GHz36 MB24 + 16105W$449 US
AMD Ryzen 7 58008/16TBATBA32 MB24 + 1665W$399 US?
AMD Ryzen 5 5600X6/123.7 GHz4.6 GHz35 MB24 + 1665W$299 US
AMD Ryzen 5 56006/12TBATBA32 MB24 + 1665W$219 US?

AMDはAM4プラットフォーム用のRyzen 7 5700GおよびRyzen 5 5600G「Cezanne」デスクトップAPUも準備か?

AMDがすでに次世代のCezanne CPUをOEMパートナーに出荷する準備ができている可能性があることを明らかにしています。Ryzen 7 5700GとRyzen 5 5600Gの2つです。Ryzen 7 5700Gは間違いなくZen 3コアアーキテクチャに基づいて8コアおよび16スレッドのCPUと考えられ、4.5 GHzのクロック速度と16MBのL3キャッシュを搭載するようです。CPUはまた、AM4 APUのこれまでどおりの65W TDPになるようです。

Ryzen 5 5600Gは、6コア、12スレッドで、Zen 3 CCDユニットを利用するので、16MB L3キャッシュを搭載することになります。両方のCPUは、既存および最新世代の500/400シリーズマザーボードと互換性があり、PROおよびOEMのみのRenoir Ryzen 4000GデスクトップAPUとは異なり、今回は一般小売で確認する事ができます。これらのAPUに関する詳細は、2021年前半に発表される予定です。