AMD X470およびB450マザーボードにZen 3プロセッサのサポートを追加

(Source:wccftech)

AMDは、公式のredditアカウントから、X470 / B450マザーボードのZen 3互換性に関するアップデートを提供しました。会社がコミュニティに耳を傾け、次世代のZen 3ベースのRyzen 4000 CPUファミリーの古いマザーボードをサポートできるようになったようです。彼らは、AMDコミュニティから提供されたフィードバックを確認し、「コースを変更する」ことを決定したと述べました。これは同社がフィードバックに対してオープンであることを示しているため、同社からの回答は非常に素晴らしいことです。AMDが従わなければならない技術的な制限と安全設計基準を考慮すると、アップグレードプロセスは簡単なものではないことに注意してください。

AMD 予定を変更しX470、B450マザーボードでZen 3をサポート

AMDは以前に2020年までAM4ソケットをサポートすることを表明しており、会社は理論的には彼らが望んでいるものをコミュニティで約束しました。AMDのZen 3ベースのCPUであるVermeerファミリーは、今年9月に発売される予定で、7nm Zen 3アーキテクチャーをベースとしています。そもそもそれらがサポートされていなかった理由は、CPUのマイクロコードをサポートするためにマザーボードのROMで利用できるスペースが限られているためです。

この領域はかなり埋められており、Zen 3ベースのCPUのサポートを許可するには、古い製品のサポートを削除することになります。これは、AMDがこのようなアップグレードは通常一方向であり、マザーボードが最初に出荷されたプロセッサをサポートしないため、採用を望まなかったという決定です。しかし興味深いことに、AMDはBIOSの更新を監視することで、偶発的なアップグレードや起動しない状況に陥るユーザーを防止する予定です。この声明についての私の理解は、Zen 3プロセッサとCPUの検証済みユーザーのみが利用できるということです。これはおそらく、最初の所有者だけがアップグレードを実行できることを意味し、これが中古市場で何を意味するかは現時点では不明です。

また、この制限の緩和に関係なく、ユーザーも500シリーズチップセットに移行することをお勧めします。AMDがAM4ソケットを長くサポートしていることを考えると、500シリーズのチップセットへの投資は長い道のりになると確信しています。ちなみに、Zen 2ベースのRenoirのサポートは、Zen 2に基づいているため、現時点では完全には確認されていませんが、ベータ版BIOSでRyzen 4000シリーズのサポートにバンドルされると思います。