AMD Athlon Gold 3150UデュアルコアCPU GeekBenchベンチマークへ

(Source:wccftech)

AMDがIntelの命名構造の一部を採用している可能性があることを示す最近のGeekbenchデータベースの掲載があります。プロセッサはAthlon Goldとラベル付けされました。マイクロアーキテクチャーのパフォーマンスに基づいてプロセッサーを区別するものですが、IntelはXeonクラスのサーバープロセッサーに使用しているが、AMDはエントリー層のAthlonシリーズに使用しています。

新しいAthlon Goldプロセッサが製造中で、ラップトップメーカーにも出荷中。

プロセッサのフルネームは、一見、HP「17-ca2xxx」ラップトップベンチマークであったAMD Athlon Gold 3150Uプロセッサであり、おそらくテストベンチまたは今後のHPラップトップのプロトタイプのいずれかと思われます。「Gold」などの名前を使用すると、このチップで見られるパフォーマンスは、ほとんどのフルサイズのエントリーレベルのノートブックで見られるPentium Goldのモバイル版に相当するものと思われます。

比較のために、IntelのPentium Gold Processorを使用する最新のラップトップはMicrosoft Surface Goで、ラップトップとタブレットのコンボで、全体的なラップトップエクスペリエンスを提供しています。ベンチマークは、AMD Athlon Gold 3150Uが「Raven Ridge」AMDモバイルCPUとして表示され、このプロセッサは、2コア/4スレッド、「Vega 3」搭載です。基本周波数は2.40 GHzで3.30 GHzブーストクロックです。このプロセッサはIntel Pentium Goldより定格クロックが0.80 GHz優れています。コアあたり512 KBのL2キャッシュと4 MBの共有L3キャッシュ。このチップは、マルチコアテストで3,559個のシングルコアポイントと7,336ポイントを獲得しています。AMD Athlon Goldプロセッサの導入は、AMD Athlon Silverプロセッサの可能性についても推測できます。また、AMDがIntelと本当に競合することを計画している場合、次期AMD Athlon Gold 3150UがMicrosoft Surface GoデバイスのIntel Pentium 4415Yプロセッサーに代わって搭載される可能性もあります。