AMD Ryzen Threadripper 3960X vs Intel Core i9-9980XE ベンチマーク

(Source:wccftech)

AMD Threadripper 3960Xの3DMark Time Spyベンチマークスコアがリークされたため、Intel Core i9-9980XEのサンプルを削除し、すべての最新ドライバーを調べて、AMDの24コアパーツに対する動作を確認しました。インテルは最近、HEDTラインナップの価格を大幅に引き下げ、その点で再び競争力を高めました。そのため、AMDベースの対応製品に対する今後の10980XEの価格を見るのは非常に興味深いものです。

AMD Threadripper 3960XとIntel 9980XEの予備的なTime Spy Extremeベンチマークの比較

AMD Threadripper 3960XがTime Spy Extremeベンチマークで得たものから始めす。最近のリークでは、次期AMDプロセッサがTime Spy Extreme(TSE)のCPUスコアで12600ポイントを獲得しました。これらの比較にFSEの代わりに常にTSEを使用する必要があるのは、FSEは過去の8 CPUコアをスケーリングするように設計されていないのに対し、TSEは64コアまでスケーリングするように設計されているためです これは、FSEで実施された実質的にすべてのコアカウントCPUベンチマークは、CPUスコアに関する限り、意味のないスコアを持っていることを意味します。一方、TSEにはこのような問題はありません。Intel Core i9-9980XEを、ストック設定で初めて実行しました。Time Spy ExtremeでCPUスコア8692 CPUスコアでした。とはいえ、Core i9-9980XEは非常に高いオーバークロックを持っています。ほとんどすべてのサンプルが少なくとも4.5 GHzに達する可能性があります。Intelがストッククロックに保守的である理由は、すべてのクーラーが熱出力を処理できるわけではなく、消費電力の数値も非常に速く上昇するためです。

その後、BIOSを開き、すべて自動設定を使用し、まったく調整を行わずに、4.5 GHzのワンクリックOC設定を適用しました。これは、実際にこのプロセッサを持っている人なら誰でも、同様のテストができるものです。

4.5 GHzでは、10659のはるかに良いスコアが得られました。これは、一般的なCore i9-9980XE可能性に忠実です。これらの数値をグラフ化すると、非常に興味深い結果が得られました。

私は10980XEの価格である$ 979を使用して公平にしています。9980XEは次期Intel Core i9-10980XEのプレースホルダーとして機能しているからです。AMD Ryzen Threadripper 3960Xは24コアプロセッサであるため、コアあたりのパフォーマンスとドルあたりのパフォーマンスの数値を見て、これらの両方の価値提案についてより良いものを得る必要があります。AMD Threadripperの価格は、1ドルあたりのパフォーマンスが正確に9ポイントで、スコアはコアあたり約525ポイントです。一方、Intel 9980XEの在庫は1ドル8.7ポイントで遅れており、コアあたりのスコアは483ポイントです。

ただし、単純なオーバークロックを適用すると、状況は大きく変わります。Intel Core i9-9980XEは一気にAMD Ryzen Threadripper 3960Xを超え、1ドルあたりのパフォーマンスは10.6(TSEはAVX2を使用)とコアあたりの数値は589です。Core i9-9980XEはIntelの非常に成熟した14nmノードで、オーバークロック用に優れた能力があると予想されます。このメトリックは、だれでも達成できるはずのパフォーマンスを大まかに表しています。しかし、問題は、AMD Threadripper 3960Xがどれだけオーバークロックできるかということです。計算式は再びAMDを支持するように変更される可能性があります。あくまでこの情報はCPUのベースクロック時価値はどちらがより高いものかを確認できたものでしかありません。今後さまざまな視点のベンチマークのリークがあると思われます。楽しみにしておきましょう。