CPU

「Coffee Lake世代」のXeonはXeon Eへ

今年に入りIntelはXeonの命名体系を変更していますね。今まで「Xeon E7」や「Xeon E5」が「Xeon SP」へとなったり、「Xeon Platinum」「Gold」「Silver」「Bronze」へと変更になりましたね。また「Xeon E5-1600」に相当するワークステーション向けの「Xeon」は「Xeon W」となりました。そして、来年初めにIntelが、「Xeon E3-1200」の後継として、エントリー向けのXeonとして用意するのが、「Xeon E」。この「E」は「Entry」を表すようです。「Xeon E」に相当するであろうCPUは、先日のAIDA64リリースノートでも確認する事ができます。「Xeon E-2176M」や「Xeon E-2186M」、また、「Coffee Lake-S WS」として「Xeon E-21xx(G)」が、「Coffee Lake-H WS」として「Xeon E-21xxM」が明記されています。「Xeon E-21xx(G)」とGが括弧付きになっているのは、Gがつく製品とつかない製品があるみたいで、従来の「Xeon E3-1200 series」にも内蔵GPUの有効版と無効版ありましたが、「Coffee Lake-S WS」でも、iGPUの有効版が「Xeon E-21xxG」、無効版が「Xeon E-21xx」のようです。

関連記事

  1. パソコン工房 インテル® Pentium® Gold プロセッサーを搭…

  2. AMD 第三世代ThreadripperのTRX40は下位互換性がない…

  3. AMD RAMPは、AMDのRyzen7000 CPUのXMPであり、…

  4. Intel Core i7-11700 CPU Rocket Lake…

  5. Intel Sunnycoveのデモ

  6. AMD Ryzen 7 4700G Renoir CPUは、8コアと8…

  7. AMD 5nm Zen 4 Powered Ryzen7000 Rap…

  8. Intel Rocket Lake-Sは、PCI-Express 4.…

  9. 今後のRadeonは、CES2018より

  10. AMD Ryzen 9 7950X3D 3D V-Cache CPU …

  11. Intel、第12世代 Alder Lake OC対応デスクトップCP…

  12. AMD Ryzen 5 2400GE Ryzen 3 2200GE …

PAGE TOP