欧州の人々は、AMDの楽しさを見つけるためにIntelから離れています

(Source:wccftech)

AMDは、Intelの供給不足を利用して、デスクトップ市場での地位をさらに高めています。、Ryzen CPU世代間のパフォーマンスの向上と、CPUの可用性を示しているからです。これにより、ほとんどのメーカーがIntelベースのデバイスからAMDベースのデバイスに切り替えました。その一例は、Intelプロセッサではなく、AMDのRyzenシリーズプロセッサを搭載したMicrosoft Surface 3にあります。The Independentによると、2018年に欧州の小売業者に送信された507万台のシステムの7%でAMD CPUが報告され、この数は今年の524万台の12%に大幅に増加しました。Intelは依然として最高のゲーミングCPUであるCore i9-9900Kを製造していますが、そのCPUの可用性とは大きく異なるため、一部のゲーマーはAMDのRyzen 9 3900Xに切り替えています。AMDの最大の成長市場は小売部門で、総出荷量は11%から18%に増加した事です。多くのヨーロッパのメーカーは、IntelのCPU不足に気付き始め、これらの製品にAMDオプションを追加しました。

 

HP Chromebook 14

AMDオプションは最も安価なオプションではありませんが、2番目に安価で、最も安いものよりも10ドル余分に高価ですが、16GB eMMCストレージが追加されています。

 

Acer Nitro 5

一部のモデルはIntelプロセッサーを提供しますが、Ryzen 5 3550HおよびRyzen 7 3750Hプロセッサーを示す他のオプションがあります。

 

HP Envy X360-15Z

これには、Ryzen 5プロセッサ、Radeon Vega 8グラフィックス、8GBメモリ、および256GB SSDストレージが付属しています。 仕様は799.99ドルのコストで良いです

 

これらは、エンドユーザーの全体的なコストの削減、またはデバイス自体に搭載されたより多くの機能に変換されるAMD CPUを使用できるように移行しました。現在出回っているラップトップおよびデバイスは一部にすぎません。今後も伸びると予想されています。