Intel 10nmデスクトップCPU 2021年にもラウンチか?!

(Source:techpowerup)

Intelは月曜日からの以前のレポートに素早く反論しました。10 nmシリコン製造ノードに基づいたデスクトッププロセッサはまだ会社のロードマップ上にあるということです。「当社は10 nmで大きな進歩を続けており、現在の10 nm製品のロードマップにはデスクトップが含まれています」と述べています。月曜日のレポートは、Intelが14 nmの「Skylake」派生マイクロアーキテクチャを2022年まで継続するという恐ろしい話を予測しました。ただし、声明を掲載したtom’s hardware reportでは、14 nmを固定して2021年まで継続しますが、HardwareLuxxレポートで予測された2022年ではありません。Intelは2020年までに「Comet Lake」を販売し、その後に「Rocket Lake」が続き、2021年の大部分を10nm製品が占めます。2021年末に向けて、Intelは成熟した10 nm ++シリコンファブリケーションノードをベースにしたデスクトッププロセッサをリリースし、最終的に7 nm EUVベースのデスクトップチップを発売することで2022年にはこれまでのシェアを奪還します。