Intel Cascade Lake-X Core i9 10000X PCI-Expressレーン48本

(Source:Guru3D)

10月に販売予定と噂のCPUに関して、ASUSがやってしまったようです。Prime X299 Edition 30の説明に、未発表CPU Core i9 10000Xの名前と同CPUが48レーンのPCI-Expressを有することを漏らしてしまいました。もちろん、Core i9 10000X seriesがIntelにあるということは皆知っていて、Computexでも話題にはなっていました。具体的なスペック情報が出てきたのはこれが初めてです。興味深いのはCore i9 10000Xが48レーンのPCI-Express 3.0を有することです。これまでのCore i9 9980XEは44レーンだったため、4レーン分増やされたことになります。Core i9 10000X seriesは最大18コアとなるLGA2066 CPUでCascade Lake-Xをベースとします。製造プロセスは14nmでSkylake-Xの改良型です。Cascade Lake-SPには28コアのExtreme Core Count (B1 stepping)、18コアのHich Core Count (L1 stepping)、10コアのLow Core Count (R1 stepping) の3種類のダイがあることが知られているが、先代のSkylake-X Core i9 9900X seriesが主にHich Core Countのダイを使用していたのと同様に、Cascade Lake-X Core i9 10000X seriesもおそらくはHigh Core Countのダイを主に使った製品でしょう。最大18コアというのは自然な流れ、Cascade Lake-Xが最大18コアであることを予想していたユーザーも比較的多いのではないでしょうか。

今回新しいのはPCI-Express 3.0レーン数が48本に増やされたことです。Skylake-Xコア i9 9000X seriesでは44本まででしたが、Cascade Lake-Xは本来有する上限まで解放された形になります。

ちなみに今回リークネタのMB 「Prime X299 Edition 30」はASUS 30周年記念のマザーボードのようです。現在そのページに行ってもCore i9 10000Xや48レーンCPUといった記載を見ることは出来ません。