CPU

SK Hynix 世界最速HBM2E memory

(Source:OC3D)

SK Hynixはメモリスタックあたり460GB/sの帯域を実現する世界最速のHBM memory製品を発表しました。スタックあたりの容量は最大16GBです。GeForce RTX 2080に使用されている8GBのGDDR6の帯域は448GB/sです。SK Hynixは2倍の容量でより広い帯域を有するHBM2E製品を発表したことになります。量産開始は2020年で、GPU市場及び機械学習、AIなどの分野での採用が見込まれます。ちなみにHBM2を使用するRadeon VIIのメモリ帯域は1024GB/sですが、これを今回発表されたHBM2Eにそっくり置き換えると1840GB/sになるそうです。HBM系memoryは初期の予定よりも低価格帯には展開されてません。需要面でもその必要がなくなっていることも確かですが、自作PCでこれを目にするの可能性があるとすれば、最上位クラスのグラフィックカードに限定される事になりそうです。

関連記事

  1. Intel 第10世代Comet LakeデスクトップCPU 全ライン…

  2. AMDがPC市場の縮小によりRyzen 7000 Zen 4 CPUの…

  3. AMD Ryzen 7000 Zen 4 Raphaelは、最適化され…

  4. Intel Core i5-12400、Core i3-12300、C…

  5. パソコン工房 NVIDIA® Quadro® 搭載パソコンが今だけ特別…

  6. Intel Tiger Lake 10nm CPUがGeekbench…

  7. Intel Whiskey Lake-Uの新モデルCore i7 86…

  8. AM5プラットフォーム向けのAMDNext-Gen5nm Ryzen …

  9. Intel Core i5‐9500F?!

  10. AMD 第3世代Ryzenは、新たな最適化を必要としないような設計へ

  11. Intel Cannon Lake 10nmCPU今年末の間に合わない…

  12. Intel Arrow Lake-S と Arrow Lake-HX …

PAGE TOP