Intel Cooper Lake 最大56コア

(Source:Intel)

Intelは2020年上半期に56コアCPUを展開します。「Cooper Lake」は2020年にリリースされ、いくつかの新しい機能を搭載し、現行のXeon Platinum 9200 seriesよりも扱いやすいものとなるそうです。Intelの発表によると「Cooper Lake」は最大56コアになります。現行のXeon Platinum 9200 seriesの最大コア数と同様です。

 

以下がIntelのリリースです。

 

次世代Xeon Scalable Processor―「Cooper Lake」は、現行のXeon Platinum 8200 seriesからコア数が2倍となり最大56コアとなる。そしてより広いメモリ帯域を有し、高いAI推論・学習機能を搭載する。また、56コアの「Cooper Lake」は現在のXeon Platinum 9200 seriesよりも低い電力帯で投入される。「Cooper Lake」はx86 processorに初めて高いAI学習機能を組み込んだprocessorとなり、bfloat16のサポートを「Intel Deep Learning Boost」に組み込んだことにより実現している。そして「Cooper Lake」は続く10nmの「Ice Lake」と互換性を有するプラットフォームを使用する。

 

「Cooper Lake」については公式からの情報が少なく、現行の「Cascade Lake-SP」の次の世代の製品で14nmプロセスで製造される程度の情報しかなく情報が錯綜していました。

 

7月中旬に出ていた情報では、「Cooper Lake」は2種類あり、「Cooper Lake-5」をベースとする「Cooper Lake-P」と「Cooper Lake-4」を2ダイMulti-chip-moduleとした「Cooper Lake-SP」があり、前者が最大26コアで6チャンネルDDR4対応、後者が最大48コアで8チャンネルDDR4対応と言われていました。今回公式より明らかになった56コアの「Cooper Lake」は、「Cooper Lake-SP」と呼ばれてきたものと思われます。48コアではなく56コアとなりました。56コアと発表されたことにより、「Cooper Lake-SP」も、おそらくは「Cascade Lake-AP」と同様に28コアのダイを2つMulti-chip-moduleにしたものと考えられます。そしてダイ自体は「Skylake-SP」や「Cascade Lake-SP」のExtreme Core Count (XCC) のそれとよく似たものになるのではないか思われます。

 

メモリ帯域の向上もあるものの、具体的なchannel数までは明らかにされていません。今のところ前情報の8チャンネルと言う数字には公的な裏付けはないままで、AnandTechでは1ダイあたり8チャンネルで、2ダイで16チャンネルになるのではないかと予想しています。前情報では「Cooper Lake」のダイは元々6チャンネルメモリであり、12チャンネルという予想もできます。メモリのチャネル数については今後の情報で確認をしましょう。

 

「Ice Lake(-SP)」世代と互換性のあるプラットフォームを使うというところも前情報通りで、これを強調したということは、56-コアの「Cooper Lake」も「Ice Lake(-SP)」もBGAではなくLGA socketであると認識していいと考えます。(7月中旬の情報ではLGA4189とされていました)。