CPU

AMD 第3世代Ryzen Engineering Sampleのスペック?

(Source:OC3D)

1月のCESでAMDは第3世代Ryzenを紹介しました。このときAMDが見せたのは8コアのProcessorであったが、明らかにもう1つの8コア CPU chipletを追加して16コアとすることが可能なものでありました。今回、リーク情報に詳しいTUM_APISAK氏が16コア 「Zen 2」のEngineering Sampleのスペックを明らかにしました。現在、16コアのCPUはX570チップセット搭載マザーボードでテストが行われているようです。

16コア「Zen 2」の周波数はBase 3.30GHz / Boost 4.20GHzである、この数字は現行の16コア製品―Ryzen Threadripper 2950Xの3.50GHz/Boost 4.40GHzと比較しても悪くないものです。あくまでもこれはEngineering Sampleで、最終的な製品では周波数は異なるものになるだろう。それでもハイエンド向けのThreadripperと比べると電力周りに制限がかかるAM4でこの数字は優秀であります。 

この情報元であるTUM_APISAK氏は今までもTwitterで複数のリーク情報をもたらしている人物である。もちろん鵜呑みにするのは禁物ですが、AM4 16コアのEngineering Sampleの存在が示唆されたのは非常に興味深いものです。

AM4の16コア CPUネタは昨年末に「Ryzen 9 3850X/9 3800X」という形で出てきたことがあり、最近もそのネタが掘り返されて扱われることがあります。今回の情報で出てきた周波数は3.30GHz/Boost 4.20GHzと「Ryzen 9 3850X/9 3800X」とは異なる数字です。昨年末の情報がほじくり返してきただけでもなさそうなのです。

16コアがAM4で登場した場合、Threadripperの16コアと比較すると、メモリ帯域では不利であるが、消費電力的にはThreadripperよりも扱いやすいものとなることが期待されます。第3世代RyzenはComputex 2019でより多くの情報が明らかにされ、7月に正式発表されると噂されています。CESの時点で明らかにされたのは8コアまでであるが、Computex 2019では追加の情報が来るか 楽しみにしておきたい。

関連記事

  1. AMDの次世代APU Renoirの3DMark 11

  2. AMD Ryzen5000シリーズAGESA1.1.0.0を搭載したM…

  3. 欧州の人々は、AMDの楽しさを見つけるためにIntelから離れています…

  4. NVIDIA、GeForceRTX 30SUPER「AmpereRef…

  5. Intel Comet Lake-U ローエンドモデル

  6. AMD CES 2021イベントでRyzen 5000 Zen3モビリ…

  7. 今年、AMD が最大 16 コアのZen 3ネットワーク システム用に…

  8. Intel Core i7-10700K Comet Lake-S 8…

  9. Intelが今後のコアi9-12900HXチップを搭載したラップトップ…

  10. Intel Core i5-12400 6コアCPUはPugetBen…

  11. 2018年第4四半期、次期「Core X」は、「Cascade Lak…

  12. Intel Core i9-13900K Raptor Lake CP…

PAGE TOP