CPU

Intel Iris Plus Graphics 655搭載のNUC

「Coffee Lake」世代のNUCとなる「Bean Canyon」のSKUを記した資料が明らかになりました。「Bean Canyon」は5種類が用意される。特記すべきはTDP28Wの「Coffee Lake-U」を搭載し、eDRAMを128MB搭載するIris Plus Graphics 655をiGPUとして内蔵することです。

型番はCore i7 8559Uを搭載するもので、「NUC8i7BEH」。「i7」の部分は搭載するCPUによって変化する(Core i5 8259U=i5、Core i3 8109U=i3)。最後のアルファベットはNUCの筐体のサイズを示し、「H」はやや背が高いもので117×112×51mm、「K」は背が低い117×112×36mmとなる。また末尾「H」のモデルはOptane Memoryのサポートを記しています。

Core i7, i5, i3 (Coffee Lake-S / 14nm /FCBGA1528 )
型式周波数C/TキャッシュGPUTDP
Core i7-8559U2.70-4.50GHz4/88MBIris Plus graphics 65528W
Core i5-8259U2.30-3.80GHz4/86MBIris Plus graphics 65528W
Core i3-8109U3.00-3.60GHz2/44MBIris Plus graphics 65528W

関連記事

  1. Intel「Tiger Lake」Gen12 Xe iGPUで「Bat…

  2. AMDがスマートアクセスメモリ(Resizable Bar) をRyz…

  3. AMD Navi 23GPUには64個のROPと32個のレイトレーシン…

  4. AMD GPUについて

  5. Intel 14th Raptor Lake Refresh デスクト…

  6. NVIDIA Ampere GPU GTC 2020で発表か?!

  7. AMD Ryzen 9 3900XT、Ryzen 7 3800XT、R…

  8. Intel 12th AlderLake-S デスクトップCPUとZ6…

  9. AMD GPUロードマップ

  10. Intel Sunnycoveのデモ

  11. AMDのRyzen 9 3950X Cinebench、No-OCスコ…

  12. AMD Ryzen 9 3900 XT、Ryzen 7 3800 XT…

PAGE TOP