CPU

Intel Comet Lake-S 10コアを準備中?!

Intelは、デスクトップ向け、メインストリームのCPUに関して、Comet Lake-Sという10コア搭載製品を2019年へ向け用意始めたということです。ただし、このコアは、14nmプロセスを用いています。懸念材料として。放熱性能がありのす。コア周波数を下げるのか、それなりの冷却FANが必要になるのかといったところです。AMDは、7nmのZen2を2019年夏までにはラウンチするようです。このあたりの事もあり今回の情報ということになるのでしょうか、年末商戦に向け新製品が一通り出回り始めたこの時期に次の話題が出てくると楽しくなります。それにしても、Intelは、14nmプロセスのままなの?と突っ込みたくもなります。

 

関連記事

  1. AMD Ryzen 7000「Raphael」CPUの仕様と価格の噂は…

  2. AMD Ryzen 9 5950Xサンプルで確認、開発中のAMD 3D…

  3. IntelのCPU不足終了、誰がそんな事を?!

  4. Intel Meteor Lake VPUのデモを行い、AI生成コンテ…

  5. Intel CPU生産数は依然として需要に対応できず

  6. Intelの第12世代AlderLake-P モビリティCPU14コア…

  7. AMD Ryzen 7 5800U & Ryzen 5 56…

  8. Intel Core i9、Core i7、Core i5 Rocke…

  9. Intel Arrow Lake-H ラップトップ 128 EU “X…

  10. AMD Ryzen 9 3900XT、Ryzen 7 3800XT、R…

  11. MCJ 新CM公開記念の特別限定ノートPC – ハイスペッ…

  12. Intel Whiskey Lake-U

PAGE TOP