Intel H310 MB 8コアサポートへ?!

ASRockがH310マザーボードに新たなステッカーを準備しているそうです。これは、8コア CPUが存在するということ、そしてその8コアCPUが安価なH310マザーボードにも搭載可能になる事を表すものでした。

8コアCPUのサポートはBIOS updateで対応可能になる予定。全ての300 seriesマザーボードにも適応される見通しです。

Z370(KBL-R PCH)よりもH310やH370の方か世代が新しい(CNL PCH)であり、インテルの開発に歪みが生じている事は、明白です。これまで世代でサポートが区切られ(200 seriesチップセットが「Coffee Lake-S」に対応しない)ことはあっても、同世代のチップセットで、あった場合には、世代の全てのCPUに対応できるのが通例でありました。(=例えばH110チップセットであってもZ170やH110のように、「KabyLake-S」最上位のCore i7 7700Kに対応できる)。過去の考え方からするとH370が8コア CPUに対応できればH310も8コア CPUに対応できると考える方ができます。もちろんZ370にも対応できる。それでも、Z390は、第9世代Core CPUとともに発表する。(CNL PCH)へ集約させる為と見られています。

こんな中、H310Cというマザーボードが登場します。これは、(KBL-R PCH)になるようです。理由としては(CNL PCH)の歩留まりが悪いようです。これに加え近い将来、i7-8700などのCPUの流通量が激減するという噂もあります。減っても次のモデルが10月初旬に登場するなら待てばよいということになりますね。本当に予定どおりいくのか? なにせ第7世代のCore CPUが未だEOLになっていないのです。

インテルがAMDを意識してドタバタしている事には間違いない。

■現時点での第9世代Coreの仕様情報

型式周波数C/TキャッシュiGPUTDP
Core i9-9900K3.60-5.00GHz8/1616MBUHD Graphics 63095W
Core i7-9700K3.60-4.90GHz8/812MBUHD Graphics 63095W
Core i5-9600K3.70-4.60GHz6/69MBUHD Graphics 63095W