CPU

AMD Ryzen 5 2400GとRyzen 3 2200Gの仕様

AMDのGraphics統合Processor+APUは、従来通り高速なメモリによる恩恵を受けるようです。デスクトップ向け「Raven Ridge」では、対応するメモリの周波数が引き上げられ、DDR4-2933まで対応。スペックはCES 2018の時点で、明らかにされましたが、CES 2018で明らかにされたなかった情報が1つありました。
対応するメモリの周波数で、今回の情報によると(非OCで)DDR4-2933まで対応するようです。Mobile向け「Raven Ridge」はDDR4-2400です。Ryzen1000 seriesがDDR4-2666までの対応でありましたから、デスクトップ向け「Raven Ridge」ではこれらと比較すると大幅に対応メモリ周波数が引き上げられたことになります。

関連記事

  1. AMD 7nm Zen2 第3世代Ryzen

  2. Intel新しいEVOブランディングが流出でCOREブランディング見直…

  3. IntelがAlderLakeアーキテクチャを発表し、USD$589M…

  4. AMD Ryzen Threadripper Pro 5000 Cha…

  5. Intel 12月11日に Architecture Day 2018…

  6. Intel 第12世代 AlderLake CPUを搭載した次世代ラッ…

  7. AMD Ryzen Threadripper 7000 Storm P…

  8. 今後のRadeonは、CES2018より

  9. keynoteで10nmプロセスに触れなかったIntel

  10. NVIDIA と MediaTek は TSMC の CoWoS パッ…

  11. Samsung アモルファス窒化ホウ素を発見

  12. Crucial T705 Gen5 SSD がヒートシンク搭載で、14…

PAGE TOP