その他

AMDのCEO、Lisa Su氏がCiscoの取締役を辞任

AMDの最高経営責任者(CEO)Lisa SU氏は、重要なメンバーとして3年間務めた後、Ciscoの「取締役会」の地位を辞任したと伝えられています。

ネットワーキングおよびデータセンター業界に対するAMDのアプローチの急速な変更が、CEOのリサ・スー氏の辞任の主な理由

この情報は、高名なジャーナリストのドン・クラーク氏によって明らかにされたCiscoのSEC提出書類からのもので、伝えられるところによれば、AMDのCEOと他の3人の役人がそれぞれの役職を辞任する予定であることが明らかになっている。提出書類には次のような記載がありました。

2023 年 10 月 4 日、M. ミシェル バーンズ氏、ロデリック C. マクギアリー氏、リサ T. スー博士はそれぞれ、シスコの 2023 年年次株主総会での再選に立候補しないという決定をシスコシステムズ社に通知しました。

バーンズ氏、マクギアリー氏、スー博士は、2023 年の年次総会まで引き続き取締役を務めます。

-SEC提出

さて、辞任の理由は言及されておらず、少なくとも私たちが知っている限りでは、メンバー間に何らかの「格差」がなかったことを考えると、予想外ですらあります。AMDのCEOは、当初、ネットワーキングおよびサーバー業界におけるAMDのイメージを強化することを目的として、2020年にCiscoの取締役会に加わった。当時、Team Redは市場で実際の現状に比べてはるかに劣った立場にあったからだ。これが、Lisa Su 氏が Cisco との決別を決意した理由であると考えられます。これについては、後ほど説明します。

業界の状況を見ると、AMD が主に EPYC 製品やソフトウェア リソース内の開発を通じて、サーバー業界で競争力のあるプレーヤーになるべく体を整えていることは明らかです。さらに、 genAI 開発の流入により、AMD は自社のデータセンター製品を急速に改善しており、ネットワーキングおよびクラウド ソリューション市場にしっかりと定着している Cisco などに対する脅威となっています。ここには明らかな「利益相反」があるため、Lisa Su 氏の決定はおそらく正しいと思われます。

AMD の現在のアプローチは、同社が 10 年前と比較して、はるかに支配的な地位を獲得する方向に向かっていることを示唆しています。シスコとは別に、リサ・スーも有名なICメーカーであるアナログ・デバイセズの取締役を退任しており、これはチーム・レッドが今でははるかに良い立場にあるという事実を示唆している。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Deepcool は、Assassin IV デュアルタワー ヒートシ…

  2. Windows 12を、すでに準備中?! AIを統合する可能性大

  3. Microsoft 、次期 Windows 11 アップデートでメモリ…

  4. PCIe Express 7.0仕様草案がリリースされ、2027年まで…

  5. AMDは来週までに Xilinxの買収を完了する予定

  6. DeepCoolは、洗練された美学とLGA1700互換性を備えたプレミ…

  7. AMD Ryzen 5000 Zen3デスクトップCPUが’…

  8. Intel Alder Lake CPUが曲がる可能性があるのではない…

  9. インテルの次世代ボックスCPUクーラーLaminar シリーズ、第12…

  10. AI プロフェッショナルが NVIDIA から AMD への切り替えを…

  11. NVIDIA、ロシアのすべての GPU オペレーションとメイン オフィ…

  12. ファイナルファンタジーXVIトレーラーはかなり完成しており間もなく公開…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP