CPU

Intel N100は、4 つの E コアを搭載し 消費電力僅か6Wで 65Wの Core i5-7400 と同等

Intel のAlder Lake-N CPU は発売されてからしばらく経ちますが、プロセッサ N100 のベンチマークは、10W 未満で古い Core i5 チップと同様のパフォーマンスを示しています。

Intel Alder Lake-Nプロセッサー N100は、4つのEコアを搭載でわずか 6Wなのに過去の65W クアッドコアと同等のパフォーマンス

Intelプロセッサー N100 は、低電力プラットフォームで使用できる 4 つの Alder Lake-N チップのうちの 1 つです。このチップは、他の Alder Lake および Raptor Lake チップと同じ Intel 7 プロセス ノードに基づいていますが、主な違いは、ハイブリッド P コアと E コアのコンボを使用する代わりに、これらのチップは Gracemont E のみに依存していることです。 -コア。E コア設計には SMT 機能が欠けているため、これにより SMT 機能が失われます。

仕様に関しては、Intel プロセッサー N100 CPU は 4 コア、4 スレッド、6 MB スマート キャッシュ、および最大周波数 3.40 GHz を提供します。N200 は 2 つの中で最も高速で、スペックは同じですが、クロック速度は 3.70 GHz です。このチップは 6W の TDP を備え、シングル チャネルで DDR4、DDR5、および最大 LPDDR5 メモリをサポートします。

Intel Processor N100 Geekbench 6 CPU Performance Score

最近のGeekbench 6 エントリーのいくつかに基づいて、サブ 10W CPU が何を提供するのかを味わいます。シングルコアのパフォーマンスに関しては、このチップのパフォーマンス スコアは 1300 ポイントであり、マルチスレッド テストでは、このスコアは 3450 ポイントにまで伸びます。比較のために、Core i5-7400 と Core i3-9100 のスコアを使用できます。どちらも 4 コア、4 スレッドの製品です。これらのチップのシングルコア テストの評価は、シングルコアで平均 1139/1343 ポイント、マルチスレッド テストで 3133/3598 ポイントでした。

したがって、Intel Alder Lake-N「プロセッサ N100」がこれらのチップと同等に競合することがわかりますが、最も重要なことは、これらの古い 14nm チップの基本 TDP 定格が 65W であり、実際のワークロードでは 80 ~ 90W 近くで動作したということです。 一方、プロセッサー N100 の TDP はわずか 6W で、これは E コアがチップの効率を維持しながら優れたマルチスレッド パフォーマンスをどのように実現できるかを示しています。Intel は現在、Alder Lake と Raptor Lake の 2 世代で E コアを使用しており、今後も継続して使用する予定ですが、AMD も将来の CPU ラインナップに同様のアプローチを採用する予定です。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. パソコン工房 NVIDIA GeForce GTX 1070 搭載・ツ…

  2. Intel次世代デスクトップCPUの噂:10nmGolden Cove…

  3. 来月あたりに販売開始か?! Ryzen 7 2700X Ryzen …

  4. 2020年ゲーミングPCは大飛躍の年、CPUの動向 1月24日時点まと…

  5. Intel Core i7-10700K 8コア&Core …

  6. ドスパラ、「ファイナルファンタジーXIV」推奨ゲーミングPC R…

  7. Intel ノートパソコンの熱設計を革新する「蒸気室とグラファイトシー…

  8. AMD 第2世代EPYC Romeプロセッサー 巨大な39.54億個の…

  9. AMD Zen 3世代のEPYC「Milan」DDR5には対応しない…

  10. Intel Tiger Lake CPUの詳細がリーク、10nm Su…

  11. Intel 「Coffee Lake-S」日本での販売開始は、10月下…

  12. IntelがGDC 2020でXe GPUアーキテクチャの詳細と強力な…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP