その他

Deepcool は、Assassin IV デュアルタワー ヒートシンク、LT820 AIO 液体クーラー、ホワイトとブラックのデジタル CPU クーラーで冷却を強化

Deepcool は、Assassin IV、LT820 AIO、デジタル シュラウドを備えた最新の設計を含む、まったく新しい冷却ソリューションを Computex で発表しました。

Deepcool、Computex 2023 で白色の Assassin IV と LT820 AIO 液体冷却で魅力的をデザインを披露

私たちはすでにDeepcool Assassin IVを見たことがありますが、これは市場で最も美しい空冷クーラーの 1 つであると考えています。Computex 2023 では、私たちが見たレンダリングと同じくらい印象的な強力なAssassin IV のクローズアップを入手しましたが、オールホワイトのデザインのAssassin IV の新しいバージョンも確認しました。この新しいバージョンは少し遅れて市場に投入される予定ですが、白をテーマにした PC を構築し、驚くべき冷却性能を求めているユーザーは、間違いなく白バージョンを楽しみにしているでしょう。

ただし、Deepcool ブースの目玉はAssassin IV ではありません。そのタイトルは新しい LT820 に与えられます。これは、3 つの 140mm FDB ファン、印象的な多次元 Infinity ポンプ カバー、および以前の LT シリーズ AIO クーラーで見られたものと同様の設計を備えた巨大な AIO 液体クーラーです。

Deepcool 氏は、内部テストで LT820 が +20% オーバークロックで 300W+ Intel Core i9-13900K を簡単に冷却できたと述べました。同社はまだ正式に熱メトリクスを共有していませんが、発売が近づくにつれてその情報が明らかになるでしょう。AIOの価格はUSD$160 ~ 180の範囲になると予想されています。

小型PCファン向けに目を向けます。AN600 として知られるトップダウン クーラーも展示されていました。CPU クーラーは、アルミニウム ボディに 6 つのヒートパイプ設計を採用し、120mm ファンを搭載しています。ヒートシンクには、背の高いメモリ DIMM に対応する 40 mm のヒートシンク クリアランスもあります。これは Mini ITX マザーボードの設計に最適で、ファンには LED が埋め込まれており、見た目も魅力的です。

デジタル ヒートシンクの前面には、Deepcool AK620を含む5つのクーラーがあり、前面に温度測定値を表示し、RGB LED が統合されたデジタル バージョンが搭載されました。価格は既存のモデルと大きく変わらないはずで、最大でUSD$10 ~ 20の差があります。クーラーは最初に黒色のバージョンが入手可能になり、次に白色のバージョンが続きます。

最後に、ケースの話題です。ATX-XL フォームファクターの Deepcool Morpheusケーシングがあります。ATX 設計と E-ATX 設計のわずかに中間です。この筐体の優れた点は、シングル チャンバー設計とデュアル チャンバー設計があり、最大 6 つの 200mm ファンをサポートできることです。筐体は前面、背面、上面、側面がフルメッシュデザインになっています。Deepcool は、ユーザーがさらにカスタマイズできる小さなレゴ ブロックを提供します。Morpheus ケースには、発売時にケースに付属されるデジタルパネルもあります。

Deepcool

(Source:wccftech)

関連記事

  1. PCIe Express 7.0仕様草案がリリースされ、2027年まで…

  2. Microsoft、Windows 11に「ダイナミック ライティング…

  3. NVIDIA と Microsoft が協力してAIアプリケーションを…

  4. Intelが、Aurora genAI を発表、1 兆のパラメーターを…

  5. Houmo.AIが中国初のHPC AIチップの開発を発表

  6. ASUS ROG Ally は、AMD Ryzen Z1 APU 上の…

  7. DXVK 2.2 は Unity エンジン、ゲーム修正などの D3D1…

  8. 見た目の最高のCPUクーラーがついに登場!!DeepCool Assa…

  9. Windows 11 のスマートバージョン Tiny11 は、4 GB…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP