CPU

Intel は Computex 2023 で Meteor Lake の実用的なプロトタイプを公開

Intel は今年の Computex で実際に動作する Meteor Lake-S CPU を展示し、SoC の VPU 部分を披露しました。同社は非常に初期のモデルを使用しており、VPU 以外のパフォーマンスは最終製品を示すものではありませんが、MTL CPU の構成をこっそりピークにすることができました。

Intel Meteor Lake AI 16 コア Meteor Lake SKUのデモを先行体験

この特定のプラットフォームは、このデモの目的でわずか 2 週間前にあったとされたものであること (実際にこのラップトップの稼働時間を確認できます)、ここで表示される時計は最終製品をわずかに示すものではないことは注目に値します。変化する可能性が非常に高いです。とはいえ、物理仕様、特にコア構成は変更されない可能性が非常に高いです。

上のスクリーンショットでは、これが 16 コア製品であることがわかります。以前のリークが信じられるのであれば、これは以前に見た P(メイン)+E(メイン)+E(SoC) コアの 6+8+2 構成である可能性があります。合計 1.6 MB の L1 キャッシュ、合計 18 MB の L2 キャッシュ、合計 24 MB の L3 キャッシュを備えています。OS から見えるスレッドは合計 22 でした。これは、P コアのみがハイパースレッドであることを考慮すると当然のことです。この段階ではクロック速度は明らかに何の意味もありませんが、CPU のアイドリング速度は非常に印象的な 370 MHz でした。示されているベースクロックは 3.1 GHz でした。

ここでは Intel VPU が動作していることもわかりますが、興味深いことに Windows はそれを Movidius として検出しています。この時点で Intel は、Meteor Lake SoC のシリコンはオリジナルの Movidius スティックより 3 世代前のものであるが、その IP にルーツがあると述べました。そのため、タスク マネージャーはこれを Movidius NPU として検出しています。また、VPU がその処理を行うために共有 vRAM プールから約 1 GB のメモリを使用していることもわかります。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Intel Bartlett Lake-S デスクトップ CPU は、…

  2. AMD、最新の Ryzen CPU により、2023 年第 4 四半期…

  3. Crucial T705 Gen5 SSD がヒートシンク搭載で、14…

  4. Intel、Thread Director 仮想化用の新しいパッチをリ…

  5. Faraday Partnersが18Aプロセスを搭載したSoC開発で…

  6. Intel Arrow Lake-S デスクトップ CPU サンプルは…

  7. AMD、次世代 Zen 5 CPU を 2024 年下半期の発売に向け…

  8. Intel Bartlett Lake-SデスクトップCPUは、LGA…

  9. Intel Lunar Lake-MXモバイルチップはSamsungの…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP