CPU

Intel Arrow Lake-S デスクトップ CPU が HWiNFO で予備サポートを取得

HWiNFO の最新バージョンでは、Intel の次世代 Arrow Lake-S デスクトップ CPU の予備サポートが追加されました。

HWiNFO は、その他の追加およびアップデートとともに Intel Arrow Lake-S デスクトップ CPU サポート

HWiNFO は最近バージョン 7.40 にアップデートされ、同社は次期バージョン (v7.41) で予想される変更点のリストを公開しました。今後の変更点のリストでは、同社は 2024 年に発売予定の将来の Intel デスクトップ CPU ラインナップである Arrow Lake-S に予備サポートを提供する予定です。

HWiNFOの最新の「今後の変更」は以下のとおりです。Arrow Lake-S について説明しているセクションを強調表示しました。

  • XMP 3.0 rev1.3+ の PMIC 検証および DIMM 認定ステータスのレポートを追加しました。
  • NVIDIA GeForce RTX 4050 ラップトップを追加しました。
  • EVGA Z790 シリーズの一部の EC センサーの監視を修正しました。
  • AMD Phoenix のサポートが強化されました。
  • 一部の MSI H510M、H610M、および A620M シリーズのセンサー監視が強化されました。
  • Intel HDA サウンド ドライバーのレポートが改善されました。
  • ドライバーがインストールされていない Intel Arc GPU の限定的な監視を追加しました (oneAPI、IGCL)。
  • Corsair H100i Elite White および H150i Elite White のモニタリングを追加しました。
  • NVIDIA GeForce RTX 4070 ラップトップを追加しました。
  • UTF-8 形式でレポート ファイルを作成するオプションが追加されました。
  • Corsair Commander CORE、CORE XT、ST のモニタリングを追加しました。
  • Arrow Lake-S の予備サポートを追加しました。
  • AMD Adrenalin 23.3.2 による監視を更新しました。

このリストからは新しいデスクトップ CPU に関する初期情報は得られませんが、アプリケーションが製品 ID のアーキテクチャとインテル Arrow Lake-S デスクトップ チップに関連付けられている可能性のある CPUID 情報を選び出すことができると推測できます。

先週、800 シリーズ用の Intel Meteor Lake-S デスクトップ CPU がキャンセルされ、代わりに Arrow Lake-S デスクトップ プロセッサが Z890、B860、W880、および Q870 チップセット マザーボードでサポートされることを報告しました。

Intel Desktop CPU Core Count Progression

FAMILY NAMETOTAL CORESTOTAL THREADSP-CORESE-CORESTOP SKU FREQUENCYYEAR
Sandy Bridge48--3.90 GHz2011
Ivy Bridge48--3.90 GHz2012
Haswell48--4.00 GHz2013
Broadwell48--3..80 GHz2014
Skylake48--4.20 GHz2015
Kaby Lake48--4.50 GHz2017
Coffee Lake612--5.00 GHz2017
Coffee Lake Refresh816--5.00 GHz2018
Comet Lake1020--5.30 GHz2020
Rocket Lake816--5.30 GHz2021
Alder Lake1624885.50 GHz2021
Raptor Lake24328166.00 GHz2022
Raptor Lake Refresh24328166.20 GHz?2023
Meteor Lake-----Cancelled
Arrow Lake2432816TBD~2024
Panther Lake4048832TBD~2025
Beast Lake80961664TBD~2026

第 15 世代インテル Arrow Lake-S デスクトップ CPU は、現在 Raptor Lake CPU に搭載されている 24 コアを復活させます。Arrow Lake-S の上部ダイは、8 個のパフォーマンス コアと 16 個の効率コアを組み合わせた最大 24 個のコアを使用します。以下は、ラインナップに含まれる SKU の完全なリストです。

  • Arrow Lake-S 24 (8P + 16E)  / 4 Xe コア / 125W TDP
  • Arrow Lake-S 24 (8P + 16E)  / 4 Xe コア / 65W TDP
  • Arrow Lake-S 24 (8P + 16E) / 4 Xe コア / 35W TDP

Arrow Lake-S ラインナップとの違いは、すべての構成に上位 24 コア ダイが搭載されており、唯一の違いは TDP 自体であることです。これらのダイからコア数の少ない SKU が派生する可能性があります。Intel は Meteor Lake ラインナップの 4 Xe コアも保持しているようですが、これらにはまったく新しい Arc グラフィックス アーキテクチャが搭載されると予想されます。ここで報告したように、第 14 世代 Meteor Lake チップは TSMC 5nm GPU アーキテクチャに基づいていますが、第 15 世代 Arrow Lake CPU は TSMC 3nm グラフィックス アーキテクチャを利用します 。

最近の投資家向け電話会議で 、Intel は、Arrow Lake CPU で使用される Intel 20 ノードが非常に順調に進んでいると述べました。Intelはまた、Arrow Lake統合GPUに利用されるTSMC 3nmプロセスノードの遅延の可能性の噂を軽視した。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Sycom が Noctua ファンを搭載した NVIDIA GeFo…

  2. Intel Arrow Lake-S デスクトップ CPU は Arr…

  3. NVIDIA と MediaTek は TSMC の CoWoS パッ…

  4. NVIDIAとAMDは、IntelとAppleに対抗するため、2025…

  5. Intel Core i9-14900K が 9.1 GHz 周波数世…

  6. 第 14 世代は、13世代と同じ価格でより高いパフォーマンスのCore…

  7. Intel Panther Lake と Clearwater For…

  8. メインストリーム ラップトップ向け 14 コア Intel Meteo…

  9. Intel 第 14 世代 Raptor Lake Refresh C…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP