CPU

AMDはRyzen AIを価値次第で製品ライン全体に拡大する

AMDは、Ryzen AIを製品ファミリー全体に拡張する計画があるが、どこで最も価値を付加できるかを調査する。

Ryzen チップへの AI の追加は高価で、AIを統合するモバイルやデスクトップCPUが多くない理由

CES 2023 で、AMD はRyzen AI として知られる Ryzen CPU の専用 AI エンジンを発表しました。XDNA AI エンジンの一部である Ryzen AI コプロセッサは、AI 機能を強化するために使用できるオンダイの専用チップです。AMDによると、Ryzen AIエンジンはマルチタスクを実行しながら最大4つの同時AIストリームを駆動でき、単一のAIストリームのみと比較して最大35%高い応答性を実現します。

ただし、Ryzen AI を使用してチップを構築する場合にはいくつかの注意点があり、主な注意点はコストと全体的な価値提案です。PCWorldとのインタビューで、AMD のクライアント チャネル ビジネス担当 DVP 兼 GM である David McAfee 氏は、Ryzen AI は AMD の AI ベンチャーの始まりに過ぎないと述べました。CEO のリサ・スー博士も、 AI を会社の戦略的最優先事項として取り組んでいます。

AMD Ryzen AI エンジンを利用する最初のチップは、Ryzen 7040「Phoenix」モビリティ プロセッサです。すべての Phoenix チップに専用の AI エンジンが搭載されているわけではありません。AMD がこの選択をしたのには十分な理由があります。ザイリンクス IP をベースにしたこれらのチップは、単に CPU や GPU に負担をかけるのではなく、より高い効率とハードウェアの有効活用を実現することで、ソフトウェアや Windows 11 などのオペレーティング システムでのエクスペリエンスを向上させることができます。Ryzen AI に期待できる機能には次のようなものがあります。

これに加えて、David 氏は、AMD が Ryzen 製品全体に Ryzen AI スタックを拡張する方法についての計画をすでに話し合っていると述べています。Ryzen AI を実装する際の主な障壁はコストであり、Ryzen AI を予算内のチップ、さらにはデスクトップ SKU 内に配置するには、十分かつ実際的な理由が必要であることです。David 氏はまた、コア数の多い Threadripper チップに Ryzen AI を追加する可能性についても言及しています。その場合でも、トレーニング目的で使用される可能性はありますが、必ずしも使用されるとは限りません。

Ryzen AI は 2 台の Ryzen ラップトップ プロセッサにのみ展開されているため、当然の疑問は、AMD がそれを他の CPU ラインナップにどのように配布し始めるかということです。マカフィー氏によると、それも議論されているという。「私たちは Ryzen 製品ライン全体にわたって AI について話し合っていると思います」と McAfee 氏は言いました。

Ryzen AI コアの製造には追加コストがかかるため、AMD は、特に低価格プロセッサにおいて Ryzen AI がどのような価値をもたらすかを評価しています。マカフィー氏は、AMDが自社のローエンドモバイルRyzenチップにRyzen AIを追加する前に、エンドユーザーのメリットを「もっと具体的にする必要がある」と述べた。

AMDはデスクトップRyzenにRyzen AIを追加するのでしょうか? やや意外なことに、それはあまり確実ではありません。マカフィーは、デスクトップの電力効率の観点からこの問題を検討しました。デスクトップのパワーのおかげで、「Ryzen AI は、デバイスの日常的な価値を高めるものではなく、テスト ツールになるのかもしれません」と彼は言いました。AIのトレーニングにコア数の多いThreadripperを使用できる可能性はあるが、必ずしも使用できるわけではないと同氏は付け加えた。

「そう遠くない将来、人々が自分のシステムの価値について考えるとき、それは単なる CPU や GPU ではなく、これが 3 番目の要素になる日が来ると私は心から信じています。それが自社のプラットフォームに大きな価値をもたらすと計算している」とマカフィー氏は語った。

-David McAfee (AMD CVP 兼チャネル マーケティング担当 GM)、PCWorld より

価値とコストの壁を乗り越える主な原動力はソフトウェアであると指摘されています。ソフトウェアが進化して AI をより活用し、より多くの価値を追加するにつれて、チップ上に専用の AI ハードウェア ブロックを搭載する十分な理由が明らかになります。

最近の噂では、AMD が専用の AI チップレットを組み込む次世代の EPYC CPU に取り組んでいると指摘されています。EPYC チップであるということは、Ryzen AI ブロックと同じ設計構造を使用するわけではありませんが、同様のザイリンクス IP に基づいていることは間違いありません。結局のところ、AMD は間違いなく将来に向けて多くの AI 機能を計画しており、Radeon 側でも同様の進歩が期待できます。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Intel 12th Gen Alder Lake Desktop C…

  2. Intel第12世代Alder Lake-SデスクトップCPUはDDR…

  3. AM5 用 AMD Phoenix デスクトップ APU は、Zen …

  4. Intelの第11世代Rocket Lake-S 8コアES CPU …

  5. 「CoffeeLake-S」日本では、10月5日には入手できない

  6. Intelは10nmプロセスで8コアのTigerLake Hプロセッサ…

  7. Intel Core i9-10900Kを液体ヘリウムで冷却し7.70…

  8. 「Raven Ridge」のRyzen Pro発表

  9. NVIDIA GeForce RTX 4090グラフィックスカードが再…

  10. Intel Alder Lake-S 8+8 Core&Alder L…

  11. Intel Core i7-11700Kの2回目の初期レビューがリーク…

  12. Intel Arrow Lake-S デスクトップ CPU は Xe-…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP