CPU

Intel 第9世代CPU i7-9700K情報がでました。

Intelは第9世代Core processorを2018年下半期に発表される話は既出でありますが、この第9世代Core processorでは、Core i7は8コア/16スレッドに強化され、Core i5はハイパースレッドが有効化され、6コア/12スレッドへ、Core i3も同様にハイパースレッドが有効化され、4コア/8スレッドになる。これでようやく、コア数・スレッド数で、AMD Ryzen に並ぶことになります。また第8世代となる「Coffee Lake」の第2弾が今年末にリリース、ノートPC向けの「Coffee Lake-H」やデスクトップ向けの低消費電力モデル、「Coffee Lake-S」のビジネスモデル、そしてエントリー向けのPentium GoldやCeleron Gが追加されます。第9世代Core processorでCore i7 9700Kに相当するモデルが8コア/16スレッドは、 既出でありますがこのコアが何になるのか「14nm++プロセス」の「Coffee Lake Refresh」なのか、「10nm+プロセス」の「Ice Lake」なのかはその情報によって異なっています。これまでの情報では、第1世代「10nmプロセスCPU」になる見込みの「Cannon Lake」がデスクトップ向けに展開される可能性は低いみたいで、実際に、Z370を除くIntel 300 seriesチップセットは、「Cannon Lake PCH」と呼称されている。一方、ある情報筋では、「14nm++プロセス」の「Coffee Lake Refresh」の可能性が高いとしています。Intelは1年サイクルの製品更新ペースを継続するようで、2019年まで現行の第8世代Core processorが続投するようなことはなく、第9世代Core processorとして出てくる可能性大です。もう少し時期の近い話としては、新春に、第8世代Core processorの「Coffee Lake」のさらなる製品ラインナップ拡大があり、デスクトップ向けには、TDP35WのT seriesやPentium Gold、Celeronなどが新たに追加。また高性能ノートPC向けとしてTDP45Wの「Coffee Lake-H」が投入されます。その中にはノートPC向けでは初めて、「Core i9」ブランドの「Core i9 8950HK」があります。

関連記事

  1. AMDの次世代StrixPoint Ryzen APUは、ハイブリッド…

  2. AMD Ryzen 7 5800H 8コアZen3’Cez…

  3. Intel Coffee Lake Refreshの仕様?!

  4. AMD X570チップセットからIPを自社開発へ?!

  5. PlayStation 5 特許設計を確認

  6. Intel Alder Lake-S CPUはLGA 1700マザーボ…

  7. Computex2018 AMD 32コア 第2世代Ryzen Thr…

  8. 2024年AMD Ryzen 8000 デスクトップ CPU 発売、Z…

  9. Intel 第12世代AlderLakeモバイルラインナップがリークし…

  10. AMD Zen 3ベースのRyzen 4000 ‘Verm…

  11. Intel Alder LakeのPentium Gold G7400…

  12. Intel Core i9-12900K Alder Lake フラッ…

PAGE TOP