Samsung が 1 TB DDR5 メモリ モジュールの開発を開始

Samsung は、最大 1 TB の容量を備えた次世代 DDR5 メモリ モジュールの開発を開始しました。

Samsung、次世代サーバーおよび HPC ソリューション向けに 1 TB DDR5 メモリ モジュールを準備

コンピュータ システムとコンポーネントの進歩に伴い、より高度な形式のメモリの必要性が、今日の世界で不可欠な要件になりつつあります。Intel の第 13 世代 Core プロセッサと AMD の Ryzen 7000 シリーズの発売が近づくにつれ、DDR5 メモリはメインコンシューマ スペースの標準になりつつあります。

特に、ほとんどのユーザーが 32GB もの容量を持つ DDR5 メモリの購入を検討しています。一方、サーバー スペースはまったく別のスペースであり、Samsung は、この秋の EPYC Genoa リリース用に最初の 1TB DDR5 メモリ モジュールを開発することで、64GB、128GB、512 GB、さらには768 GB の容量を超えたと報告されています。

DDR4 メモリや古いメモリ モジュールと比較すると、DDR5 の電圧は 1.1V に低下しますが、周波数は最大 7200MHz 以上に達し、性能の飛躍は元の 2 倍の 32 に引き上げられます。プリフェッチされるビット数も 16n に増加しました。

Samsung の研究者は、より高い容量レベルを研究および開発しています。同社は、DRAM の容量を 32Gb に増やし、スタック数を 8 に増やしています。同社は、3D スタッキングと 8-Hi スタックで 32Gb に到達することを望んでいますが、単一のメモリ容量をプレミアム レベルに維持し、SSD ハード ドライブを凌駕します。

業界内の噂によると、同社は 1TB の容量を持つ DDR6 メモリを開発中です。しかし、同社は新しい技術が登場する前に、その能力に達したようです。1TB DDR5 モジュールのコストは、特に消費者にとってはかなり高額になるため、焦点を絞ったクライアントは企業とクラウド サーバーになります。AMD のEPYC 9000「Genoa」Zen 4 CPUは、提供する必要がある 96 コアと 192 スレッドを供給するために、非常に大量の帯域幅と容量を必要とします。

テクノロジが DDR6 容量に切り替わると、1 TB を超えるサイズは、その時点で達成された基準からすれば、それほど驚くべきことでも驚くべきことでもないように思えるかもしれません。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)