AMDがRDNA2GPUサポートとInstinctアクセラレータへのアクセスを搭載したRadeon ROCm5.0を発表

AMDはROCm 5.0をリリースしたようです。これは、Radeon OpeneCosystemをさらに強化するためのものです。ROCmはAMDのオープンソフトウェアプラットフォームであり、研究者は重要なAMD Instinctアクセラレータにアクセスしてより多くの科学的発見を推し進めることができます。Radeon ROCmプラットフォームは、利用可能な移植性に基づいて作成されており、多数のアクセラレータエージェントおよびアーキテクチャにわたる環境をサポートします。

AMD ROCm 5.0リリース。HPCおよびAIセクションに、利用可能なコンピューティング言語、コンパイラ、ライブラリ、およびツールへのアクセスを提供して、コード開発と世界のソリューションを後押し

AMDは、AMD Instinct MI200シリーズアクセラレーターで主要なHPCおよびAIアプリケーションを強化するプラットフォームを拡張し、開発者向けのROCmのサポートとアクセシビリティを拡張し、重要なワークロード全体で前例のないパフォーマンスを提供します。Radeon ProV620およびRadeonPro W6800ワークステーショングラフィックスカードの新しいサポートを提供するROCm5.0は、AMDのRDNA2ベースのグラフィックスカードを、グラフィックプロセッサ用のオープンソースコンピューティングソフトウェアスタックで最初にサポートされるように初期化します。AMDからのこの新しいプラットフォームアップデートは、特定のNavi2xおよびRDNA2 GPUサポートエリアのサポートを追加します。

Navi 1x / 2xのサポートは、かなり長い間ROCmから欠落しています。一部のNaviビットはROCm4.5で機能していましたが、ROCm 5.0では、ワークステーションGPUに関連するため、現在公式のNavi2xアシストがあります。AMDは、消費者レベルのグラフィックカードのROCmを正式に宣伝していません。ただし、ほとんどの場合、ワークステーションのサポートが公開されているため、Radeon RX6000シリーズはROCmと連携して機能する可能性があります。

Navi1xのヘルプはROCmでは不十分でした。ただし、理想的には、ROCm5.0は時間の経過とともにいくつかの問題を修正します。さらに、ROCm5.0でPolarisGPUサポートを再確立したかどうかを示す必要があります。ROCm 4.5では、Polarisのサポートは失敗していました。彼らは、それが偶発的な再発であり、それらのより熟練したグラフィックプロセッサを潜在的にサポートしていることを示しました。ただし、Polarisのサポートが補償されているかどうかについては、最近のリリース情報に署名していません。

リリースノートでは、AMD ROCm 5.0の詳細について説明し、Red Hat Enterprise Linux 8.5のヘルプを追加し、ROCmからAMDGPU / AMDKFDパーツモードドライバーコードを導入するためのサポートを追加します。ノートには、さらに開発された確立/除名処理、docs.amd.comの追加のドキュメントゲートウェイ、およびAMD GPUへのCUDAコードベースを容易にするためのその他のHIPアップデートも示されています。

AMDの新しいROCm5.0と最新のオープンソースソフトウェアプラットフォームのダウンロードの詳細については、GitHubでファイルと情報を見つけることができます。

(Source:wccftech)

関連記事