Intel 13th Raptor Lake CPUは、ゲームパフォーマンスを向上させるためにAlder Lakeよりも最大55%多くのキャッシュを搭載?!

Intelは、 AMDのV-Cacheソリューションに取り組むために、次の第13世代Raptor LakeデスクトップCPUに主要なキャッシュの再設計を導入する可能性があります。

Intel第13世代Raptor Lake CPUは、より多くのコアと55%増加したキャッシュを搭載し、ゲームパフォーマンスを向上させるとの噂

OneRaichuのツイートによると、Intelの第13世代Raptor LakeデスクトップCPUは、キャッシュの大幅な再設計が行われているようです。現在、Intel Alder Lake CPUは、最大44 MBのキャッシュ、つまり30MBのL3と14MBのL2キャッシュを備えています。しかし、第13世代のRaptor Lake CPUは、キャッシュ増量による最大55%のブーストを得ると言われています。

https://twitter.com/OneRaichu/status/1481893326425292800
https://twitter.com/davidbepo/status/1481906621395927042
リーカーは、Intel Raptor Lake CPUは最大68MBの複合キャッシュを搭載していると述べています(L1番号を追加しない場合)。垂直スタッキングテクノロジーのないテストチップをすでに見たので、Intelは現在またはMeteor Lake CPUで垂直スタックキャッシュソリューションを使用する予定はありませんが、Intelには将来性があります。今のところ、IntelはCPUダイ内により多くのキャッシュを提供する予定ですが、チップごとに機能するL3 / L2キャッシュの詳細や正確な数はわかりません。

Intel第12世代Alder Lake CPUには、コアあたり1280KBのL2および3072KBのL3キャッシュが付属し、Gracemontコアはクラスターあたり2048KBのL2および3072KBのL3キャッシュを備えています(クラスターは4つのGracemontコアで構成されます)。Raptor Lake CPUには、まったく新しいRaptor Coveコア設計が付属し、最大24コアと32スレッドを提供することがわかっています。これは、合計32スレッドのトップSKUの8つのRaptor Coveと16のGracemont Enhancedコアです。既存のキャッシュ数を考慮すると、すべてのコアで36 MBのL3キャッシュ、18 MBのL2キャッシュであり、上位SKUで合計54MBのスマートキャッシュが得られます。ただし、前に述べたように、Rapor Lakeではコアあたりのキャッシュ数がさらに増える可能性があります。

第13世代Raptor Lake CPUの場合、IntelはRaptor Coveコアごとに2MB L2 / 3 MB L3キャッシュを備え、各Gracemontクラスターは4 MBL2および3MBL3キャッシュを備えていると推定されています。これにより、すべてのコアで36 MBのL3キャッシュ、Pコアの場合は16 MB(2×8)、Eコアの場合は16 MB(4×4)が得られます。

Intel RaptorLakeおよびAlderLakeの噂のCPUキャッシュ構成

  • Raptor Lake P-Core L3-3 MB(3 x 8 = 24MB)
  • Alder Lake P-Core L3-3 MB(3 x 8 = 24 MB)
  • Raptor Lake P-Core L2-2 MB(2 x 8 = 16 MB)
  • Alder Lake P-Core L2-1.25 MB(1.25 x 8 = 10 MB)
  • Raptor Lake E-Core L3-3 MB(3 x 4 = 12 MB)
  • Alder Lake E-Core L3-2 MB(2 x 2 = 4 MB)
  • Raptor Lake E-Core L2-4 MB(4 x 4 = 16 MB)
  • Alder Lake E-Core L2-3 MB(3 x 2 = 6 MB)
  • Raptor Lakeトータルキャッシュ(L3 + L2)= 68 MB
  • Alder Lakeトータルキャッシュ(L3 + L2)= 44 MB

これが真実である場合、Intelの第13世代Raptor Lake CPUの合計キャッシュ数が55%増加することを確認しています。これでAMDは、64MBのL3キャッシュと96MBのV-Cache SKUを備えた標準の非V-Cacheパーツで引き続き優位に立つことができますが、これは、ブルーチームがさらに改善された10ESF(Intel 7)プロセスノードから期待されるより高いクロック速度とともに、キャッシュとコア数が追加されました。

Intel Raptor Lake-SデスクトップCPUのラインナップと構成

リークされたデータによると、ラインナップは最近の電力勧告でリークされた3つのセグメントで構成されます。これらには、125W、65Wの主流SKU、および35Wの低電力SKUと評価された「K」シリーズの愛好家のSKUが含まれます。トップエンドの製品については、最大24コア、続いて16コア、10コア、4コア、2コアを搭載します。

  • Intel Core i9 Kシリーズ(8ゴールデン+ 16グレース)= 24コア/ 32スレッド/ 68 MB?
  • Intel Core i7 Kシリーズ(8ゴールデン+ 8グレース)= 16コア/ 24スレッド/ 54 MB?
  • Intel Core i5 Kシリーズ(6ゴールデン+ 8グレース)= 14コア/ 20スレッド/ 44 MB?
  • Intel Core i5 Sシリーズ(6ゴールデン+ 4グレース)= 14コア/ 16スレッド/ 37 MB?
  • Intel Core i3 Sシリーズ(4ゴールデン+ 0グレース)= 4コア/ 8スレッド/ 20 MB?
  • Intel Pentium Sシリーズ(2ゴールデン+ 0グレース)= 4コア/ 4スレッド/ 10 MB?

熱狂的な125W Intel Raptor Lake-SデスクトップSKUは、最大8つのRaptor Coveコアと16のGracemontコアを備えたCore i9モデルを備え、合計24コア/32スレッドになります。Intel Corei7ラインナップは16コア(8 + 8)で構成され、Core i5モデルは14コア(6 + 8)と10コア(6 + 4)で構成され、最後に4コアを搭載するCore i3モデルがあります。ただし、効率コアはありません。ラインナップには、Raptor Coveコアが2つしかないPentium SKUも含まれます。すべてのCPUは、32 EU(256コア)の拡張Xe統合GPUを備えています。特定のCorei5およびPentiumも、24EUおよび16EU iGPUで構成されます。

Intel Raptor Lake-SデスクトップCPUの電力要件

電力要件に応じて、Intel Raptor Lake-S 125Wは、PL1定格125W(パフォーマンスモードで125W)、PL2定格188W(パフォーマンスモードで253W)、およびPL4定格238W(パフォーマンスモードで314W)を備えています。新しく導入されたリアクティブ動作のためにPL4定格は低くなっていますが、PL2定格はIntel Alder Lakeと比較して(253W対241W)わずかに高くなっています。PL1定格が65W(perfモードで65W)、PL2定格が133W(perfモードで219W)、PL4定格が179W(perfモードで277W)の65W Alder Lakeチップの場合も同様です。最終的に、PL1定格が35W(perfモードで35W)、PL2定格が80W(perfモードで106W)、PL4定格が118W(perfモードで152W)のIntel Alder Lake-S 35Wがあります)。

Intel Raptor Lake Desktop CPUs Power Ratings

CPU TDP Segment125W65W35W
Alder Lake PL2188W (241W Perf)126W (202W Perf)78W (106W Perf)
Raptor Lake PL2188W (253W Perf)133W (219W Perf)80W (106W Perf)
Alder Lake PL4283W (359W Perf)195W (311W Perf)131W (171W Perf)
Raptor Lake PL4238W (314W Perf)179W (277W Perf)118W (152W Perf)
Peak Wattage Increase (Alder Lake vs Raptor Lake PL2 Perf)+5%+5.5%+2.5%
Peak Wattage Increase (Alder Lake vs Raptor Lake PL4 Perf)-19%-9%-11%

Intel Raptor Lake CPUのラインナップは、次世代のRyzenデスクトップCPUで構成されるAMDのZen 4 Rapahelファミリとほぼ同時期に発売されます。新しいAM5プラットフォームはDDR5サポートを取得することが確認されていますが、Raptor LakeはDDR5とDDR4の両方のマザーボードを提供する可能性があります。

Intel Mainstream Desktop CPU Generations Comparison

Intel CPU FamilyProcessor ProcessProcessors Cores/Threads (Max)TDPsPlatform ChipsetPlatformMemory SupportPCIe SupportLaunch
Sandy Bridge (2nd Gen)32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge (3rd Gen)22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell (4th Gen)22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell (5th Gen)14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake (6th Gen)14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02015
Kaby Lake (7th Gen)14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake (8th Gen)14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake (9th Gen)14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake (10th Gen)14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake (11th Gen)14nm8/1635-125W500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake (12th Gen)Intel 716/2435-125W600 SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.02021
Raptor Lake (13th Gen)Intel 724/3235-125W700-SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.02022
Meteor Lake (14th Gen)Intel 4TBA35-125W800 Series?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2023
Arrow Lake (15th Gen)Intel 4?40/48TBA900-Series?TBADDR5PCIe Gen 5.0?2024
Lunar Lake (16th Gen)Intel 3?TBATBA1000-Series?TBADDR5PCIe Gen 5.0?2025
Nova Lake (17th Gen)Intel 3?TBATBA2000-Series?TBADDR5?PCIe Gen 6.0?2026

(Source:wccftech)

関連記事