Intel Core i9-12900HK Alder LakeCPUは、AMD Ryzen 9 5900HXよりも最大29%高速

Intel Core i9-12900HK Alder Lake FlagshipノートブックCPUのパフォーマンスプレビューがLab501によって公開され、AMDのRyzen 5000HCPUに対する強力なパフォーマンスリードと莫大な電力消費をする設計が示されています。

Intel Core i9-12900HKは、これまでに製造された中で最速かつ最も電力を消費するノートブックCPUであり、Alder LakeがZen3およびZen3 +を圧倒

最初にそろそろ現状を打破する仕様でなければ何の魅力もないです。当然Zen3とZen3 +を圧倒します。Lab501は、最高のCore i9-12900HK CPUを搭載したIntel AlderLakeラップトップサンプルにアクセスしました。CPUはCES2022で発表され、ノートブックセグメントのブルーチームによって製造された最速の製品になることを目指しています。

Intel Alder Lake Core i9-12900HK CPU仕様

Intel Alder Lake-Hシリーズプロセッサは、Core i9-12900HKをフラッグシップCPUとして備え、最大14コア、24 MBのL3キャッシュ、および5GHzのクロック周波数を提供します。また、ラインナップは前世代よりも最大40%速くなり、コンテンツクリエーターとゲーマーの両方に大きな後押しを提供します。Core i9-12900HKのパフォーマンススライドでは、同じワット数ではるかに高いパフォーマンスを提供することで、CPUがApple M1 MaxとRyzen 9 5900HXの両方を上回っていることがわかります。これは、Alder LakeがAMDとAppleに全体的なゲーム効率での打撃を与え、最大115Wの最大ターボパワーでパフォーマンスをさらに拡張することを実際に示しています。

全体的なパフォーマンスに関しては、Intel Core i9-12900HKは、Core i9-11980HKと比較して、ゲームで最大28%、コンテンツ作成で最大44%高速であり、Ryzen 95900HXおよびAppleのM1 Max / Proチップを簡単に上回ります。これらのチップは愛好家グレードのラップトップデザインに電力を供給するため、選択できるオプションもたくさんあります。

Intel Alder Lake Core i9-12900HK CPUベンチマーク

Intelには独自の公式ベンチマークがありますが、Lab501によって公開されたものは、Cinebench、Blender、Winrar、PCMark8などのさまざまな合成パフォーマンスの数値を示しています。Corei9-12900HKは、AMD Ryzen 9 5900HXよりも最大29%高速です。フラッグシップの5980HXと同じ仕様を共有しています。このサイトはまた、ノートブック用の14コアのAlder Lake-H CPUが、16コアのAMD Ryzen Threadripper1950Xよりも高速であることを発見しました。115WのノートブックCPUを180WのHEDTプロセッサと比較していますが、Intelのハイエンドノートブックは、AMDの第1世代のThreadripperラインナップとほぼ同じくらい高速になっているようです。

サーマルと消費電力に関しては、1つの電力を大量に消費するホットチップを見ることはありません。熱と消費電力はノートブックごとに異なり、ここではモデルについて言及されていないため、これは最適な冷却方式ではない可能性があります。CPUは99℃の最高温度に達しましたが、平均温度はコアで69℃、パッケージで76℃と報告されました。消費電力は113Wでピークに達しましたが、平均して約63Wです。

Intel Core i9-12900HK peaks at 99C temps and 115W power rating in the preview. (Image Credits: Lab501)

ありがたいことに、Lab501には、2台のAMD Ryzen 9 5900HX APUラップトップの電力と熱の数値もあり、これらを比較することができます。1つ目はASUS ROG STRIX SCAR 17(G733QS)ラップトップで、ピーク温度定格は94 ℃、平均温度定格は70℃です。ラップトップの最大消費電力は65Wで、平均して約30Wでした。

2番目のラップトップはLenovo Legion 7(16ACHG6)で、ピーク温度定格は88℃、平均は約69℃です。ただし、電力定格はASUSのバリエーションよりも高く、パッケージのピーク電力は平均86W、平均45Wです。Intel Alder Lake Core i9-12900HKラップトップは、最初のRyzen 9 5900HX構成の2倍の電力を供給し、2番目と比較して45%高い電力を供給します。Alder Lake CPUの最高気温は高くなりますが、平均気温はRyzen製品とほぼ同じレベルです。

また、Intel Core i9-12900HKとCore i9-12900Hはほぼ同じチップであり、後者は電力制限を減らし、温度を上げて同じパフォーマンスを提供することも覚えておく必要があります。また、Intelは、マーケティングの観点から適切に聞こえる5 GHzのクロック速度に到達することにより、その効率を高めています。1つは、IntelのAlder Lake-HラップトップがAMDのZen3(Ryzen 5000H)およびZen 3+(Ryzen 6000H)ラップトップを簡単に打ち負かすことです。

AMDは、Zen 3DCPUをIntelのAlder Lake CPUと比較する勇気を持っていましたが、Ryzen 6000 APUをIntelのモビリティラインナップと比較することすらできず、Hシリーズは(パフォーマンスベンチマークの観点から)ショーからほとんど欠落していました。Ryzen 6000Uベンチマークでさえ、28W(Ryzen 6000U)APUに対して15W(Ryzen 5000U)APUを使用したため、誤解を招きました。AMDのZen3 +は、いくつかの優れたメインストリームおよびエントリーレベルのデザインに役立つ可能性がありますが、Intelには、すべてのセグメントで積極的にターゲットとするAlder Lakeとの非常に強力なノートブックラインがあります。

(Source:wccftech)

関連記事