CPU

AMD RYZEN 3000シリーズでブーストクロックが伸びない問題。BIOSアップデートを発表

(Source:der8auer)

RYZEN 3000シリーズにて、環境によってはブーストクロックが最大値まで到達しない問題が発生しています。この問題を調査したオーバークロッカーのder8auer氏によると、以下のようなリザルトになりました。

 

青色の部分が公式で案内されているブーストクロックの最大値です。これらはユーザー報告に基づいた集計結果のため、ある程度の環境差があることには注意が必要ですが、多くの環境で最大値に到達していません。

この件についてAMDは次のような発表をしました。弊社は、第3世代RYZENが予想されるブーストクロックを下回る報告が出ていることを認識しています。ブーストクロックは、ワークロードやシステム設計、冷却環境など、様々な要因に左右されますが、弊社にて調査した結果、ファームウェアに問題があることがわかりました。現在、マザーボードパートナー向けのBIOSアップデートを準備しています。このアップデートでは、この問題に対処し、ブーストパフォーマンスが最適化されます。このBIOSについて、2019年9月10日に続報を提供いたします。

AMDによるとBIOSに問題がある模様です。このアップデートによって改善されることが期待されます。

 

関連記事

  1. Intel 10コア Cascade Lake-X データベースに?!…

  2. Intel Core i7 8086K という40周年記念モデル?!

  3. Intel Core i3-12100Fとi5-12400Fは、効率コ…

  4. AMD Ryzen 7 5800Uフラッグシップ8コアCezanne …

  5. AMD Athlon 300GE TDP35Wで3.40GHz?!

  6. Intel RocketLakeとAlderLake CPUは、セキュ…

  7. Intel Core i5-11600KF&Core i5-11400…

  8. ドスパラ 「Assault Spy」推奨ゲーミングPCを4機種

  9. NVIDIA 「Turing」は、マイニング向け?!

  10. AMDはコアあたりのパフォーマンスが最も高い第2世代EPYC 7Fx2…

  11. 「Coffee Lake(Kabylake-R)」i5でも6Coreで…

  12. Skylake-Xは、4.00GHz TB 4.50GHz 10C/…

PAGE TOP