Intel Alder LakeのPentium Gold G7400とCeleron G6900 CPUがリスト

(Source:wccftech)

USD$100未満の米国価格セグメントを目指すIntelのエントリーレベルのAlder Lake搭載のPentiumとCeleron CPUがオンラインでリストされ、Momomo_USによって発見されました。

Intel 第12世代Alder Lakeの新しいCeleronとPentium Gold CPUを製造

現在、私たちが目にしているのは、最新の第12世代Alder LakeファミリのCPUにさらに追加される可能性があると推測されています。同社がComet LakeファミリのCPUを刷新したことによる可能性はわずかでしたが、両方のCPUの特定の仕様により、第12世代コアCPUをより多く指し示すことになります。

Pentium GoldまたはCeleron CPUバージョンのいずれかを最後に見たのは、Intelの第10世代Comet Lakeシリーズのときでした。Intelの第11世代Rocket Lakeコアプロセッサの間、IntelはCorei3以下のSKUを製造したことはありませんでした。実際、Intelはその間、Comet Lakeプロセッサのクロック速度を上げることを選択しましたが、大きな変更は行われませんでした。

Team Blueは、特にすべてのチップメーカーを悩ませている大量の不足の間に、より安価なチップで追加の販売を行うために、エントリーレベルのCPUの新しいバージョンを製造することを計画している可能性があります。

スクリーンショットに示されている2つのモデルは、Intel Pentium Gold G7400とCeleron G6900です。これらは、以前のラインの以前のPentium Gold G6400およびCeleron G5900を置き換える可能性が高いです。2つの新しいCPUは、デュアルコア設計で、ハイパースレッディングを受け入れるためにPentium Goldチップを備えていると推測されます。リストされている2つのチップの特定の部品番号も、Alder Lake CPUと同じ番号を共有する「BX80715」で始まります。Pentium Gold G7400はCAD$123で表示されてUSD$97に変換され、Celeron G6900はCAD$9で表示されてUSD$72に変換されます。これらが初期のリストであることを考えると、最終的な価格設定はさらに低くなる可能性があります。

Core i3と特定のCore i5のバリエーションの両方が、Alder Lakeのハイブリッドマイクロアーキテクチャのサポートに近づいていないため、2つの新しいCPUは以前のGolden Coveの「パフォーマンス」コアのみをサポートしていると想定されます。Intel Pentium Gold G7400のベースクロックはG6400モデルより300MHz低く、新しいAlder LakeラインのCeleron G6900プロセッサは前モデルと同じ3.4GHzベースクロックを維持します。Pentium Goldモデルには6MBのL3キャッシュがあり、Celeronモデルには4MBのL3キャッシュがあります。これは、以前のComet Lakeよりもはるかに高いものです。

Intelは、2022年初頭に登場する予定のK付以外のCPUのリリースに関する情報をリリースしており、このIntelの2つのチップはそのシリーズの後にリリースされると予想されます。