Intel Core i9-12900H 14コア/20スレッド Alder Lake-P ラップトップCPU、が発見される

(Source:wccftech)

Intelは、Alder Lake-Sデスクトップのラインナップに加えて、ハイエンドチップとメインストリームチップの両方を備えたAlder Lake-PラップトップCPUのラインナップも準備しています。ラインナップの中で最速のチップの1つCore i9-12900Hが、Ashes of theSingularityベンチマークにリークしたようです。

Intel Core i9-12900H 14コア/20スレッド Alder Lake-PハイエンドラップトップCPUを発見

Intel Alder Lake-Pのラインナップは、Tiger Lake-H45、Tiger Lake-H35、およびTigerLake-UP3シリーズのプロセッサの後継になります。そのため、ハイエンドチップとメインストリームチップの両方が同じセグメントに含まれますが、「H」および「U」シリーズの名前で識別されます。i9-12900Hはハイエンドであり、すべての中で最速ではないにしても、周りで最速のラップトップCPUの1つになることは容易に想像できます。

Intel’s Core i9-12900H Laptop CPU with 14 cores has been spotted within the AOTS benchmark. (Image Credits: Benchleaks)

Intel Core i9-12900HはAOTSベンチマークに登場し、14コア(6Pコア+8 Eコア)と20スレッドを備えています。AOTSベンチマークは古く、Alder Lake CPUのサポートが含まれていないため、最大スレッドのみを読み取ることができ、コアは読み取れないため、スレッドもコアとして扱われるため、両方のメトリックが20と表示されます。14コア構成が最も高いAlder Lake-Pプラットフォームに乗ることになります。その他の仕様には、16GBのメモリとNVIDIA GeForce RTX3080ラップトップGPUが含まれます。コアクロック、キャッシュ、またはメモリの仕様はAOTSベンチマークにリストされておらず、さまざまなバージョンがあり、使用されている正確なハードウェア構成がわからないため、パフォーマンスを比較しても意味がありません。ただし、Intel Alder Lake-P Core i9-12900HラップトップがNVIDIA GPUとペアになっていることを確認することが重要です。つまり、2022年のほとんどのハイエンドラップトップは引き続きIntelとNVIDIAのペアを搭載されていますが、Intelが2022年第1四半期の終わりまでに、独自のGPUの生産を開始します。 ARC Alchemist GPUと組み合わせたすべてのIntelノートパソコンが市場に登場するでしょう。

Intel Alder Lake-P CPUは2021年11月から2022年3月の間に生産を開始し、Alder Lake-M CPUは2022年1月から2022年4月までに生産を開始する予定です。 CES2022イベントのショーケース。

関連記事