CapFrameX 1.6.6は、Intel Core i9-12900K AlderLake-SデスクトップCPUの完全なサポート

(Source:wccftech)

PC向けの主要なベンチマークツールの1つであるCapFrameXは、Intel第12世代Alder Lake-SCPUの完全サポートを開始します。

フラッグシップCore i9-12900Kを含むIntelのAlderLakeデスクトップCPUを完全にサポートするCapFrameXベンチマークツール

ウェブサイトComputerBaseのフォーラムコミュニティメンバーによって2019年に作成されたベンチマークツールは、負荷、電圧、温度、周波数、消費量、およびパッケージ電力をカバーするテレメトリCPUデータを計算します。また、統合されたGPUと、CPUIDとEAXレジスタを使用した新しい「GraceMont」Eコアと「GoldenCove」Pコアの「自動検出」に関する情報も含まれています。パフォーマンスコアと効率コアの両方が、Intel GraceMontコアとGoldenCoveコアに対応する接尾辞「E」と「P」が付いた対応するオーバーレイにも表示されました。

ComputerBaseフォーラムコミュニティの3人のメンバー(「ZeroStrat」、「Taxor」、「Nafi」)は、他のプロセスから独立してCPUのテレメトリを読み取り、 RivaTuner Statistics Server(RTSS)によるレンダリング後のオーバーレイ。

すべての機能は、Microsoft Windows 11のサポートの下で動作しながら、Intel Core i9-12900K 32GB DDR4メモリとRadeon RX6800XTを使用してテストされています。

CapFrameXツールは最近新しいPCゲームFarCry 6でテストされました。テスト中に、ソフトウェアがIntel Core i9-12900K(16の物理コアと24の論理コア/スレッド)を認識できることが示されました。Intel Core i9-12900Kのeコアは、ハイパースレッディングをサポートできなかったようです。ハイパースレッディングは、CPU-16全体が表示されるまで、CPU-9の2番目の列の間隔によって明らかになりました。

ComputerBaseダウンロードエリアから入手できるようになったCapFrameX1.6.6 Betaは、次の新機能を提供します。

  • サイクル、負荷、電圧、消費量、温度、パッケージ電力、iGPUなどのテレメトリデータ
  • CPUIDEAXレジスタを介したパフォーマンスと効率のコア検出
  • オーバーレイ上のパフォーマンスコアと効率コアの識別(スクリーンショットを参照)
  • いつものように、たとえば、すべてのデータをログに記録してExcelにエクスポートすることもできます。

E / Pコア検出のソースコードとツールのリポジトリの詳細については、GitHub開発者プラットフォームの公式プロジェクトページをご覧ください。

CapFrameXの最新バージョンを入手するには、ComputerBase Webサイトにアクセスするか、このリンクからツールをダウンロードしてください。

関連記事