KingstonはオーバークロックをサポートするDDR5メモリモジュールを2021年第3四半期に出荷

(Source:wccftech)

Kingstonは、DDR5メモリに関して、オーバークロックをサポートするメモリモジュールの開発を発表しました。

Kingstonはオーバークロック対応のDDR5メモリモジュールを2021年第3四半期に出荷開始

メモリメーカーは、オーバークロック対応のDDR5メモリモジュールの開発を開始し、マザーボードパートナー(ASUS、MSI、ギガバイト、ASRockなど)に最初のサンプルをすでに送付していることを明らかにしました。Kingston DDR5メモリモジュールはXMPプロファイルに準拠して設計されていますが、1.1Vを超えるPMIC(パワーマネジメント集積回路)を手動で調整できるようにマザーボードパートナーも開放しています。Kingstonからのプレスリリースは次のとおりです。

KingstonテクノロジーDDR5オーバークロック可能モジュールが市場に一歩近づく

メモリ製品とテクノロジーソリューションの世界的リーダーであるKingstonTechnology Company、Inc。は本日、オーバークロック可能なDDR5モジュールをマザーボードパートナーに送付し、次世代メモリプラットフォームの認定を開始したことを発表しました。

Kingstonは、プリセットXMPプロファイルを使用してDDR5モジュールを設計しましたが、マザーボードパートナーが1.1V DDR5仕様を超えてパワーマネジメント集積回路(PMIC)を手動で調整できるようにし、オーバークロックに最大限の柔軟性をもたらしました。Kingstonは、DDR5ソリューションを第3四半期に出荷する予定です。

上記のように、オーバークロックされたキットは、DDR5 DRAM ICの助けを借りて、はるかに速い速度とよりタイトなタイミングを特徴とすることが期待されています。将来的にはより高速なメモリモジュールもあり、他のメーカー は研究段階で10,000MHzを超える速度を報告しています。今年は、4800 MHz〜5600 MHzの速度で、32、64、および最大128GBのメモリ容量が用意される事が予想されます。TeamGroupは以前、DDR5メモリの電圧をLN2冷却で2.6Vまで上げることができると報告しました。

DDR5メモリは、以前にリークされたベンチマークに見られるように、DDR4の2倍以上のパフォーマンス向上をもたらすと予想されます。OCでDDR4のヒット速度が7GHzを超えることはすでに確認済みです。したがって、SK HynixとMicronがベンダーに高速のDRAMチップを提供するため、10GHzは次世代メモリにとって大したことではないようです。