メモリ

メモリ DDR5が2019年後半から生産開始?!

DDR4の次世代メモリ規格であるDDR5が来年後半から生産にはいるようです。

DRAM周波数の向上とともに、消費電力の削減や容量の増加、クロックスピードにおける全体の底上げが図られるものです。

DDR5での最大の変更点が16Gbit以上のチップをモノリシックな設計でサポートすることです。これにより1枚のモジュールあたりの容量を、ダイの積層等の技術を用いずとも増量できます。またDDR5はメモリ全体のproductivityも向上、DDR5では周波数を向上させずともDDR4を上回る性能が得られることになります。同じ3200MT/sであれば、DDR5メモリはDDR4のそれの36%の実帯域を得られる。さらにDDR5は4800MT/sでの動作を想定して設計されていることから、3200MT/sのDDR4と比較すると87%もの帯域向上したものとなります。規格全体のライフスパンを見ると、DDR5は4266~6400MT/sでの動作が想定されています。噂の生産開始時期ですが、現時点では、JEDECのDDR5の規格策定は完了していないにも関わらず、MicronはDDR5 DRAMの生産を2019年後半としているとのことです。

最も早期にDDR5がもたらされるのがサーバーやデータセンターでこれが2019~2021年の立ち上がりとなっているようです。デスクトップやノートPCでは2020~2023年と若干後ろになり、一般機器・産業向けは2021~2024年となる。製造プロセスはTSMCのプロセスで表されており、サーバー向けの早いもので「N7」、デスクトップ・ノートPC向けが立ち上がる頃は「N7+」が想定されている模様(産業向けは12FFCや16FFCも想定)。

次期はわかったが実際に、どのプラットフォームでDDR5を採用されはじめるのかというところです。2019年後半に登場するIntelのサーバー向けプラットフォームとしては「Cooper Lake-SP」があります。DDR5対応プラットフォーム最初の製品になる可能性がございます。「Ice Lake-SP」「Cooper Lake-SP」は、同じプラットフォームなので、「Cooper Lake-SP」次第ということになります。AMDのサーバー向け製品は、「Rome」の次に「Milan (Zen 3)」が2020年頃に予定されているが、AMDはプラットフォームの互換性を重視する傾向が強いため、「Milan」のタイミングでDDR5を採用するか、その次か、それとも「Milan」がDDR4/DDR5両対応になるかというところです。

コンシューマ向けのうちAMDの「Zen 2」はDDR4のままで確定です。続く「Zen 3」も「AM4は2020年まで使えるプラットフォームとなる」という発言があった事なと考えますとDDR4をサポートすると考えられます。Intelは、「Ice Lake」が濃厚そうです。新アーキテクチャの世代でいろいろと変わりそうであるからです。真相はどうなるものでしょうか、来春か来年6月頃には判明していると思われます。

関連記事

  1. 2020年はDDR5の年へ、4800MT /秒の速度で16GBから

  2. Samsungが密度の増加と64 ビットDRAMで容量とパフォーマンス…

  3. Extreme Overclockerは、エントリーレベルのDDR5-…

  4. Intel 13th Raptor Lake CPU プラットフォーム…

  5. Micron CEOは、チップ不足が2023年まで続くと予想しており、…

  6. Kingston Fury 32 GB DDR5 メモリ キットがUS…

  7. 次世代 GPU 用の Samsung の次世代 GDDR7 メモリは、…

  8. PC DRAMの価格下落は需要の回復に伴い今後の四半期で鈍化する見通し…

  9. Micron 2018年下半期 96層NANDと1Y nm DRAMを…

  10. Intel 32GBメモリモジュール対応へ

  11. Samsung の Shinebolt、Flamebolt、Snowb…

  12. 中国で、DRAM製造開始

PAGE TOP