CPU

Intelの新しいパッケージ、新しいロゴ、Intel Corei3-10105Fがマレーシアで発見される

(Source:wccftech)

Core i9-9900KSのリークに続いて、Intelは早い段階で別の製品を発表しました。今回、マレーシアでは2つのCore i3-10105F CPUのように見えるものが発見されました。このプロセッサはCore i3 Comet LakeリフレッシュCPUであり、多くの人の目を引く最初のことは、それが新製品であるという事実ではなく、実際にはパッケージングです。これらのCPUは、第11世代Rocket Lake CPUと一緒に発売される予定です。

今後のIntel Core i3「Comet Lake Refresh」CPUモデルのよりシンプルなパッケージデザインに

Intelがパッケージの背後にある明確なデザイン哲学を持っていることは誰もが知っています。通常、グラデーション効果のある大きな文字のプロセッサと、メインカラーとして濃い青といくつかの紫の組み合わせを備えたボックスです。i9パッケージはプラスチック製のビューポートを備えていますが、その他は通常のボックスです。時々Intelはそれを揺り動かし、箱を十二面体として持っていましたが、それはオブジェとしては良かったのかもしれませんが梱包材としては廃棄時に仕分けする必要など無駄以外の何物でもありませんでした。この為以降避けていました。

現在、Intelには新しいパッケージを意味する新しいロゴがあります。新しいパッケージはほとんどが水色で、さまざまな色合いがさまざまなボックスを埋めており、「CORE」という言葉が前面と中央にあります。パッケージは色が少なく、デザインがシンプルです。これは、過去数年間にIntelから見たパッケージからはかなり離れていますが、新鮮なものです。

Core i3-10105Fの仕様は、i3プロセッサであるため控えめです。3.7GHzの周波数で4つのコアと8つのスレッドがあります。例によって「F」がついている事から統合グラフィックスは搭載されません。その前身であるCorei3-10100Fと比較すると、ベースクロックが0.1 GHzしか増加しておらず、10105Fが前身で見られた4.3GHzよりも大きいブーストクロックを備えていることを期待しています。

リリース日については、Corei3-10105Fが3月に第11世代のRocket Lake プロセッサと一緒に発売されます。第11世代のRocket Lake はi3モデル以下を持っていないと噂されており、Comet Lake Refreshになるようです。

関連記事

  1. Intel Bartlett Lake-S デスクトップ CPU は、…

  2. AMD、最新の Ryzen CPU により、2023 年第 4 四半期…

  3. Crucial T705 Gen5 SSD がヒートシンク搭載で、14…

  4. Intel、Thread Director 仮想化用の新しいパッチをリ…

  5. Faraday Partnersが18Aプロセスを搭載したSoC開発で…

  6. Intel Arrow Lake-S デスクトップ CPU サンプルは…

  7. AMD、次世代 Zen 5 CPU を 2024 年下半期の発売に向け…

  8. Intel Bartlett Lake-SデスクトップCPUは、LGA…

  9. Intel Lunar Lake-MXモバイルチップはSamsungの…

PAGE TOP