AMD Zen3ベースのRyzen5000 CPUは、元のZenアーキテクチャに比べて81%の大幅なパフォーマンス向上を達成しました

(Source:wccftech)

Golem.deは、世代別のパフォーマンスレビューで、AMD Ryzen 5000 CPU用のZen3アーキテクチャが元のZenアーキテクチャに比べて89%の大幅なパフォーマンス向上を達成していることを示しました。この規模の向上は10年以上見られませんでしたが、AMDが第1世代のZenコアのほぼ2倍のパフォーマンスを提供するのにわずか4年の間の事でした。

AMD Zen 3は、不可能な世代別パフォーマンスの結果で、ゲームとアプリを元のZen Coreのパフォーマンスのほぼ2倍

Zenが市場に出る前は、業界はIntelが提供していた5〜10%の世代間利益に慣れていました。Sandy BridgeはIntelからの最後の主要なパフォーマンスジャンプであり、HaswellとSkylakeはさらに限界を押し広げましたが、Zenのように破壊的な方法ではありませんでした。効率重視のアーキテクチャであるZen +は別として、各ZenコアはIPCで非の打ちどころのない利益をもたらしました。最初のZenコアはExcavatorを52%のIPC向上し、Zen 2はZen 1をさらに13%ほどIPC向上し、Zen3はZen2を19%ほどIPC向上してハードルをさらに押し上げました。Zen+はより保守的な3%IPC程度のゲインはありますが、前述したように、効率を上げるためにZenを最適化することに重点が置かれ、これらの改良はZen2およびZen3チップで全面的に見られました。Golem.deが達成したテスト結果に来ると、彼らのテストプラットフォームには4世代すべてのRyzen CPUが含まれていました。AMDのRyzen7 1800X、Ryzen 7 2700X、Ryzen 7 3800X、およびRyzen 7 5800Xを含む8コアおよび16スレッドのSKUが使用されました。各CPUは、X570およびX470になるように、最高のサポートを提供する独自のボードプラットフォームでテストされています。

AMD Ryzen Generational CPU Specs

 AMD Ryzen 7 1800XAMD Ryzen 7 2700XAMD Ryzen 7 3800XAMD Ryzen 7 5800X
CodenameSummit Ridge (Zen)Pinnacle Ridge (Zen +)Matisse (Zen 2)Vermeer (Zen 3)
Process Node14LPP (GloFo)12LP (GloFo)N7 (TSMC) + 12LP (GloFo)N7 (TSMC) + 12LP (GloFo)
Die Size213 mm² (SoC)213 mm² (SoC)74 mm² (CCD) + 125 mm² (IOP)81 mm² (CCD) + 125 mm² (IOP)
Transistor Count4.8 billion4.8 billion3.9 billion + 2.09 billion4.15 billion + 2.09 billion
Cores / Threads8 + SMT8 + SMT8 + SMT8 + SMT
Clock Speeds3.6 GHz to 4.1 GHz3.7 GHz to 4.35 GHz3.9 GHz to 4.5 GHz3.8 GHz to 4.7 GHz
L3 Cache16 MB16 MB32 MB32 MB
Memory SupportDDR4-2666DDR4-2933DDR4-3200DDR4-3200
TDP95W105W105W105W
Max Power Limit142W142W142W142W
Launch MSRP$499 US$329 US$399 US$449 US

各ボードのメモリは、Zenの場合はDDR4-2666、Zen +の場合はDDR4-2933、Zen2およびZen3チップの場合はDDR4-3200のデフォルト仕様です。ただし、最新のRyzen CPUははるかに高速なメモリをサポートでき、適切な高速モジュールを実行するとパフォーマンスの違いも非常に大きくなります。

AMD Zen (Ryzen Desktop CPU) Multi-Generational Performance Gains in Games (via Golem):
AMD Zen (Ryzen Desktop CPU) Multi-Generational Performance Gains in Apps (via Golem)

パフォーマンスチャートからわかるように、AMD Ryzen 5000デスクトップCPUは、ゲームで81%の向上を得て、アプリケーションのパフォーマンスで72%のリードを獲得しています。これは、最初のGen Ryzen CPUと比較すると、パフォーマンスの向上のほぼ2倍です。3DCenterは、全体的な平均パフォーマンスをまとめて詳細なグラフを作成しました。これは、アプリケーションのパフォーマンスが89%速くなり、ゲームが最大84%速くなるという、さらに大きなゲインを示しています。

AMD Multi-Generation Zen Architecture Performance Gains

CPU NameApplication PerformanceGen over Gen GainsGaming (Avg FPS)Gaming (1% Lows)Gen over Gen Gains
AMD Ryzen 7 5800X1.8927% (Over Zen 2)1.7571.84225% (Over Zen 2)
AMD Ryzen 7 3800X1.48428% (Over Zen+)1.4151.47620% (Over Zen+)
AMD Ryzen 7 2700X1.16116% (Over Zen 1)1.1971.23123% (Over Zen 1)
AMD Ryzen 7 1800X1-11-

これにより、古いZenおよびZen +ベースのRyzen CPUのユーザーは、最新世代のAMD Zenプロセッサに移行する十分な理由が得られるはずです。新しいRyzen 5000 CPUは、アプリに優れているだけでなく、Intelが提供するものよりも莫大優れたゲームパフォーマンスを提供します。しかし、もう少し待つことができれば、AMDは2021年に移行する新しいプラットフォームをリリースします。これは、次世代のRyzen CPUのサポートを特徴とすることが期待されています。

AMD CPU Roadmap (2018-2020)

Ryzen FamilyRyzen 1000 SeriesRyzen 2000 SeriesRyzen 3000 SeriesRyzen 4000 SeriesRyzen 5000 SeriesRyzen 6000 Series
ArchitectureZen (1)Zen (1) / Zen+Zen (2) / Zen+Zen (3) / Zen 2Zen (3)+ / Zen 3?Zen (4) / Zen 3?
Process Node14nm14nm / 12nm7nm7nm+ / 7nm7nm+ / 7nm5nm / 7nm+
ServerEPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
Max Server Cores / Threads32/6432/6464/12864/128TBDTBD
High End DesktopRyzen Threadripper 1000 Series (White Haven)Ryzen Threadripper 2000 Series (Coflax)Ryzen Threadripper 3000 Series (Castle Peak)Ryzen Threadripper 4000 Series (Genesis Peak)Ryzen Threadripper 5000 SeriesRyzen Threadripper 6000 Series
Max HEDT Cores / Threads16/3232/6464/12864/128?TBDTBD
Mainstream DesktopRyzen 1000 Series (Summit Ridge)Ryzen 2000 Series (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 Series (Matisse)Ryzen 4000 Series (Vermeer)Ryzen 5000 Series (Warhol)Ryzen 6000 Series (Raphael)
Max Mainstream Cores / Threads8/168/1616/3216/32TBDTBD
Budget APUN/ARyzen 2000 Series (Raven Ridge)Ryzen 3000 Series (Picasso Zen+)Ryzen 4000 Series (Renoir Zen 2)Ryzen 5000 Series (Cezanne Zen 3)Ryzen 5000 Series (Rembrandt Zen 3)
Year2017201820192020/20212020/20212022