NVIDIA CFO RTX30の供給に関するコメント

(Source:wccftech)

NVIDIA CFO Colette Kressによると、同社は2020年第4四半期まで需要を満たすことができない供給制約を経験しています(Videocardz経由のTom’s Hardware)。これには、ウェーハとシリコンだけでなく、基板とコンポーネントも含まれます。これは、ゲーマーが2020年内だけでなく、おそらく2021年の第1四半期まで、手頃な価格で何も購入できないことを意味します。

NVIDIA CFO RTX30の供給に関するコメント

COVIDワクチンを配布する世界的な取り組みが2021年に開始されることを考えると、ワクチンの大部分が移動するため、世界的な出荷がさらに中断される可能性もあります。これは、ゲーマーが2021年後半まで価格が正常化しないことを意味します。 ETHはすでにUSD$600を突破しており、マイニングは再び利益を上げています。これには暗号通貨マイニングの影響も含まれていません。もちろん、今すぐ供給の制約が解消されたとしても、生産と供給のチャネルが需要に追いつくまでには数ヶ月かかるでしょう。個人的には、早くても2021年3月まで物価が安定することはないと思います。これは、問題の大部分がTSMCでの供給の制約であり、容量が拡大するまでは、純粋な生産を養うにはオーダーが多すぎるためです。この問題を解決するためのNVIDIAのSamsungとのパートナーシップも、彼らが望んでいた結果を生み出せていません。

クレディ・スイスの第24回年次技術会議で、NvidiaのCFOであるColette Kressは、次のように述べています。「供給の制約があり、供給の制約は、ウェーハとシリコンの観点から見たものを超えて拡大しています。「当四半期中も供給に取り組んでおり、ゲーム全体では第4四半期に需要が供給を上回る可能性があると考えています。」

「需要に追いつくまでにはおそらく数ヶ月かかると予想しているが、現時点では、定量化するのは非常に難しい」とクレス氏は語った。「それで、私たちはこの非常に重要なホリデーシーズンに向けて部品を市場に出すことに集中し続けています。日々状況は改善し続けています。しかし、四半期の終わりまでに、さらにいくつかの情報を提供できるようになります。」

-NVIDIA CFO Colette Kress

 

ProShopは、DIY市場を定期的に扱っている大規模な電子小売業者であり、他のほとんどの小売業者とは異なり、さまざまなメーカーに供給ラインの現在の状況を公開しています。これにより、NVIDIA GPUのサプライチェーンの状態(少なくともドイツ/デンマークの中小規模の小売業者)を垣間見ることができ、将来の状況を見積もることができます。

彼らから提供されたデータ[2020年10月]によると、彼らはさまざまなAIBから合計15117個のNVIDIA RTX 3000シリーズGPUを注文し、1112個のGPUのみを受け取った(または受け取る予定です)。これは、同社がさまざまなNVIDIA AIBからの需要の7.4%しか得られていません。