AMD Ryzen 5000 CPUのX470/B450マザーボードのSmart Access Memoryサポートは1月の新しいAGESAファームウェア非公式BIOSにて対応

(Source:wccftech)

AMD X470/B450マザーボードでのRyzen 5000シリーズデスクトップCPUおよびスマートアクセスメモリのサポートに関してです。一部のボードベンダーは、400シリーズボードで最新のRyzenプロセッサの早期サポートを有効にし、他のベンダーはこれらのマザーボードにSAMサポートを追加する準備をしており公式ファームウェアは1月に向けて計画されています。

AMD Ryzen 5000 CPUのX470/B450マザーボードのSmart Access Memoryサポートは1月の新しいAGESAファームウェア非公式BIOSにて対応

ボードパートナーからの情報源によると、X470およびB450マザーボードでのAMDのRyzen 5000 CPUおよびSAM(スマートアクセスメモリ)のサポートに関するいくつかのヒントを確認することができました。400シリーズチップセットをベースにしたボード上でRyzen 5000 CPUの早期サポート開始したマザーボードメーカーはすでに存在します。

現在のところ、X570およびB550チップセットに基づくAMDの500シリーズマザーボードのみが、Ryzen5000デスクトップCPUおよびスマートアクセスメモリテクノロジをサポートする公式BIOSを備え、X470およびB450チップセットに基づくAMD400シリーズマザーボードは、現時点では公式サポートがなく、予備BIOSをリリースしたすべてのボードメーカーは、1月に発売される公式ファームウェアではなく、古いAGESAファームウェアに基づいています。

AGESA1.1.0.0ファームウェアBIOS

ASRockは、マザーボードのB450ラインでAMD Ryzen 5000デスクトップCPUの(非公式の)BIOSサポートを最初にリリースしました。それぞれのBIOSは、ここで発表した各マザーボードのASRockの公式Webサイトにあります。ASRock BIOSはAGESA1.1.0.0ファームウェアに基づいているため、後でリリースされる予定の新しいバージョンほど更新されていません。ギガバイトもそれに続き、B450ラインナップの非公式BIOSをリリースしました。これは、それぞれのB450マザーボードごとにリストされています。ギガバイトのBIOSもAGESA1.1.0.0ファームウェアに基づいています。

AGESA1.1.8.0ファームウェアBIOS

一方、ASUSは、X470およびB450シリーズのボード全体に対して非公式のBIOSをリリースしました。BIOSは、AGESA1.1.8.0ファームウェアに基づいています。私が収集できたものから、1.1.8.0ファームウェアは、ASUSがこれまでに行ってきたように、一般にリリースしたり、販売したりすることを意図したものではありません。AMDは、1.1.8.0ファームウェアが消費者にリリースされることを意図しておらず、代わりに1月にリリースされる新しいバージョンを待つ必要があることをボードメーカーに指導しています。

AGESA 1.1.9.0 /1.2.0.0ファームウェアBIOS

AGESA 1.1.9.0は​​開発中であることを内部ソースから確認しましたが、一般に公開されると、バージョンは1.2.0.0として知られるようになるとソースは示唆しています。AGESA 1.1.0.0および1.1.8.0ファームウェアに基づくBIOSはベータ版であり、非公式のものですが、適切なBIOSは、MSI、ギガバイト、ASRock、ASUSを含むすべてのボードメーカーによって2021年1月に用意されます。

  • ASRock -AGESA 1.1.0.0ファームウェアに基づく非公式BIOS(B450のみ)
  • ギガバイト-AGESA1.1.0.0ファームウェア(X470およびB450)に基づく非公式BIOS
  • ASUS -AGESA 1.1.8.0ファームウェア(X470およびB450)に基づく非公式BIOS
  • MSI – (2021年1月予定)今後のAGESAファームウェアに基づく公式BIOS

一方、X370およびA320シリーズを含む300シリーズマザーボードの非公式BIOSサポートを計画している複数のボードベンダーがあります。これらのボードでの予備的なRyzen 5000 CPUサポートがリークされていることはすでに確認済みですが、ボードメーカーは、さらに古いマザーボードでのサポートの追加に非常に関心があることを確認しています。

400シリーズマザーボードでのAMDスマートアクセスメモリのサポート?

マザーボードメーカーは、AMDのスマートアクセスメモリ技術に対する非公式のBIOSサポートもボードに追加しています。ASRockは、先ほど述べたBIOSでこの機能を有効にすることで、すでにそうしているようです。これは、ドイツのYouTuberであるRawiioliExtrasによって検証されました。彼は、B450 Steel LegendマザーボードでSAMを動作させることができました。


これもAGESA1.1.0.0ファームウェアに基づく非公式のサポートであり、適切なサポートは後で追加されます。ASRockは、古い400シリーズのマザーボードでRyzen 5000デスクトップCPUをサポートする公式BIOSがリリースされる予定ですが、SAMのサポートは非​​公式であると述べています。

AMDは、Smart Access MemoryがPCIe Gen 4プロトコルを介して最大限に機能すると公式に述べていますが、サイズ変更可能なBARはPCI-SIG標準に従ってGen 4に制限されておらず、Gen3リンクを介して使用することもできます。また、MSIは、新しいBIOSがリリースされたら、400シリーズラインにAMD SAMサポートのサポートを追加する予定であることも情報源から学びました。ギガバイトとASUSもそれに続くでしょう。古い400および300シリーズマザーボードでのRyzen 5000 CPUおよびSAMサポートに関するボードメーカーの計画に関する詳細がわかり次第、追ってお知らせします。