AMD Radeon RX 6800XTおよびRadeonRX 6800「BigNavi」グラフィックスカード販売開始

(Source:wccftech)

今日は、RDNA2グラフィックアーキテクチャに基づくAMDRadeon RX 6800XTおよびRadeonRX6800「BigNavi」グラフィックカードをようやく手に入れることができる日です。

AMD Radeon RX 6800XTおよびRX6800グラフィックスカードが販売開始

AMDはRDNA2アーキテクチャに基づくBigNaviグラフィックカードを正式に発売しました。Radeon RX 6800XTとRadeonRX 6800を搭載した新しいグラフィックスカードは、レッドチームを熱狂的なセグメントに戻し、NVIDIAのRTX30シリーズグラフィックスカードと比べて驚異的な価格で競争力のあるパフォーマンスを提供します。

Radeon RX 6800XTおよびRX6800の在庫はいくつかの小売店で非常に限られているため、幸運な少数の人だけがカードを手に入れることができます。AMDと小売パートナーは、今日および今後数週間でグラフィックカードの追加在庫を準備するとのことです。



AMD Radeon RX 6800XT「BigNavi21XT」GPU搭載16GBグラフィックスカード

AMD Radeon RX 6800 XTには、72個のコンピューティングユニットまたは4608個のSPを備えたカットダウンSKUであるNavi 21 XT GPUが同梱されます。このカードは、256ビットバスインターフェイス全体で16 GBのGDDR6メモリ、512 GB / sの合計帯域幅、およびリファレンス仕様で2015MHzベースと2250MHzブーストのクロック速度も備えています。AMD Radeon RX 6800 XTには、リアルタイムのレイトレーシングワークロード専用の72個のレイアクセラレータも搭載されています。このカードは、300WのベースTBPを備え、工場でオーバークロックされたモデルが350Wを超えています。これは後日販売開始になります。

標準メモリに加えて、Radeon RX6800シリーズグラフィックスカードは、GPUダイに128MBのインフィニティキャッシュも備えています。キャッシュは、1080pHDを超える解像度でより高いパフォーマンスを実現するために帯域幅を増やすのに役立ちます。128MBのInfinityCacheは、標準の512 GB / sの帯域幅を3.25倍に増やし、すべてのBig NaviGPUベースのグラフィックカードで最大1.664TB / sの実効帯域幅を提供します。

AMD Radeon RX6800「BigNavi21XL」GPU搭載16GBグラフィックスカード

AMD Radeon RX 6800グラフィックスカードは、3840ストリームプロセッサの60コンピューティングユニットを備えた、さらに削減されたNavi21「BigNavi」GPUを備えています。AMD Navi 21 XL GPUは、リファレンススペックで1815MHzゲームのクロック速度と2105MHzブーストクロックを備えています。

また、Navi 21 XLGPUを搭載したAMD Radeon RX 6800は、ストッククロックで250WのTBPを備えている可能性があるとも述べられています。このカードは、16 GB GDDR6メモリの同じVRAM構成、512 GB / sのネット帯域幅を提供する16Gbpsでクロックインするメモリを備えた256ビットバスインターフェイスを備えています。

AMD Radeon RX6000シリーズグラフィックスカードの価格と入手可能性

AMDのRadeon RX6900XTのグラフィックスカードは、12月8日になります。AMD Radeon RX 6900 XTの価格はUSD$999と予想されており、AMDがAIBパートナーに計画に含まれる可能性のあるカスタム製品の承認を与えない限り、今年は参照専用モデルになると予想されます。Radeon RX6800XTおよびRadeon RX6800は、それぞれUSD$ 649とUSD$ 579で、11月18日に販売予定です。