VGA

Intel Arc Alchemist DG2 GPUは、最大5台のディスプレイをサポートし、ワークステーションのラインナップに対応?!

Intel i915 Linuxグラフィックスドライバーは最近、ARC AlchemistディスクリートGPUとしても知られるIntelのDG2 GPUシリーズの5台目のディスプレイをサポートを可能にするパッチを取得しました。Intelは、ラップトップおよびデスクトップコンピューター用の新しいGPUをリリースする予定です。リリース予定日は2022年第2四半期のようです。

Intelは、GPUのArc Alchemist DG2ラインナップの5台目のディスプレイサポートを開始

Linux i915ドライバーノートには、最大5台のディスプレイをサポートするARC Alchemistラインの説明はありません。新しいラインは、以前の写真で5つの個別のディスプレイをサポートするように見えたことはありません。ただし、USB4の導入により、Intelは追加のディスプレイサポートのためにUSB-Cポートを使用する場合があります。オンラインでリークされた以前の写真は、DisplayPortまたはHDMI接続のみを示しています。

現在、NVIDIAとAMDは4つのディスプレイしかサポートできません。GIGABYTE AORUSシリーズは、ゲーム用グラフィックカードラインに接続を追加するように努めましたが、追加の接続はバーチャルリアリティヘッドセット(PCVR)用に予約されています。

5台目のディスプレイサポートを提供するIntelは、AMDがRadeon PRO W6800グラフィックスカードで6つのミニDisplayPortを提供しているため、そのテクノロジーの決定的な動きとなるでしょう。AMD Radeon PRO W6800グラフィックスカードは、256ビットバスインターフェイス上で16Gbpsのピン速度で合計512GB/sの帯域幅で動作する32GBのGDDR6メモリを備えています。それに加えて、128MBのInfinity Cacheもあります。Radeon PROは、17.83 TFLOPの完全なFP32パフォーマンス、35.66 TFLOPのFP16パフォーマンス、およびFP64パフォーマンスの1.11TFLOPを提供します。

IntelのArc Alchemistの計算ブロックは、16個のVector Engine(エンジンあたり256ビット)と16個のMatrix Engine(エンジンあたり1024ビット)で構成されています。各Vector Engineは、Xe-Coreごとに8つのALUまたは128のALUで構成されます。各Matrix Engineブロックは、FP16およびINT8モードでテンソル演算を操作するXMXブロックとも呼ばれます。Xe-Coreは、専用のL1キャッシュを追加で備えています。

IntelがエンタープライズワークステーションにDG2 GPUを実装することを計画しているという憶測が飛び交っていますが、Intelは最近この情報を検証していません。リリースに近づくにつれて、おそらくリリース予定のほんの数週間前の今年のPAX Eastの間に、より多くの情報が期待されます。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. NVIDIAがGeForceRTX 3080 12GBグラフィックスカ…

  2. ASRock AMD Radeon RX 7600 8 GB カスタム…

  3. 次世代NVIDIA GeForce RTX4090 トップ AD102…

  4. NVIDIA Ada LovelaceGPU搭載 GeForce RT…

  5. AMD Radeon RX 6900 XTXグラフィックスカードは、1…

  6. AMD Radeon RX 560 XT

  7. NVIDIA GeForce 11 seriesの発表日?!

  8. NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERおよびGeF…

  9. NVIDIA GeForce RTX 4080 16 GB グラフィッ…

  10. NVIDIA GeForce RTX3090Tiの遅延は、450W G…

  11. NVIDIA GeForce GTX1660は3月15日、GTX165…

  12. NVIDIA の次世代 GeForce RTX 50 GPU ラインナ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP