2021年第2四半期までのIntelデスクトップロードマップがリーク

(Source:wccftech)

HDTechnologia(Videocardz経由)は、2021年6月までIntelマザーボードのロードマップをリークしました。いくつかの重要な情報には、2021年3月の発売が確認されたRocket Lake-Sや、2021年6月までHEDTの更新がないことが含まれます。

Intelのロードマップは2021年6月までリークされ、AMDはZen3用の新しいマザーボードを計画していない

Intelからの2021年6月までHEDTの更新がないという事実は、私たちが最近投稿したリークに実際に当てはまります。Rocket Lakeが2021年3月に到着する場合、HEDTは2020年第3四半期に到着するはずです。IntelのHEDTラインナップは常にメインストリームデスクトップよりも遅い期間で更新されるため、2021年後半に私たち全員が待っていたHEDTアップグレードを確認できます。IntelのHEDT側は現在も旧世代のアーキテクチャであり、Willow Cove(基本的に10nm以上にバックポートされています)は、クロック速度を犠牲にすることなくパフォーマンスを大幅に向上させます。驚く事に、IntelがHEDTでRKLをスキップし、直接10nmに移行することを決定する可能性さえあります。

ロードマップを見ると、X299バーは今後8か月間延長されます。つまり、Intelが同じソケットとプラットフォームで次世代のHEDTを展開するか、2021年下半期までアップデートを入手できません。500シリーズマザーボードRocket Lake-Sは2021年3月中旬に予定されています。Z590ゲーミングフラッグシップとH570、B580、H510マザーボードもその時期になります。これは、Rocket Lake-Sのこれまでの情報と一致します。さらに興味深いこととして、W580およびQ470マザーボードは、しばらくあとの4月中旬に発売予定です。

ソースはまた、AMDがZen 3の新しいマザーボードで動作しておらず、代わりにリフレッシュで動作すると述べています。この場合、AMDはZen 4までDDR5を導入しないことを意味し、IntelのAlderLakeが実際にDDR5をサポートしている場合には、Intelが実際にDDR5およびPCIe5.0のサポートし勝る可能性がわずかにあります。

NVIDIAハイエンドGPUも在庫がなく、2021年初頭まで大量に出荷される予定はないため、どちらの陣営に関係なく、来年はCPU側とGPU側の両方でアップグレードの究極の年になると思われます。あなたは所属しています。Zen、Navi、IntelのRocket Lake、およびNVIDIA Ampereパーツの次のイテレーションが来年利用可能になると、ゲームのコストは大幅に下がるはずです。待てるのであれば購入時期を考慮した方が良いということになります。