Intel第12世代「AlderLake」CPUがSisoftSandraベンチマークで8+8コアが検出される

(Source:wccftech)

Intelの次期第12世代「AlderLake」プラットフォームのSisoftSandraリストが(Videocardz経由で)リークされました。CPUは、16コア(技術的には8 + 8)/ 32スレッド(技術的には16 + 16)のパーツで、8つの大きなコアと8つの小さなコアがあります。Alder Lakeは、モビリティ市場の真ん中を目指しており、スタンバイおよび日常的なタスクのための小さなコアの省電力と大きなコアのパフォーマンスという両方の長所を提供してくれるようです。

Intel Alder Lake-SがSisoftSandraベンチマークで確認される

プラットフォームは2021年後半に到着する予定であり(Rocket Lakeの後に来る予定です)、PCIe5.0とDDR5をサポートする予定です。リークで検出されたデバイスには、16コア、12.5 MBのL2キャッシュ、および30MBのL3キャッシュがあります。大きなコアはWillow Coveの後継であるGolden Coveであり、小さなコアはGracemontと呼ばれています。

この特定のインスタンスは、デバイスが揺れ動いていた正確なメモリ構成については言及していませんが、DRR4については言及しています。それがDDR4のタイプミスである場合、Intelが今のところDDR5をデスクトップ専用に保つことを計画していることを意味する可能性があります(ラップトップがそれほど多くの帯域幅を必要としないことを考えると、これは理にかなっています)。クロックレートは1.38GHzとして示されていましたが、大小のコアのクロックが異なり、Sisoftがこれを正しく読み取る前に更新する必要があることを考えると、誤った情報です。

Intel Alder Lake CPUは、次世代Xeグラフィックスに基づく32のEUを搭載?

これは、GPUが来月発売予定のTiger Lake iGPUよりも強力ではないが、(いつものように)銀色の裏地があることを意味するため、一部の人にとっては残念なニュースかもしれません。IntelからハイエンドのSクラスコアを購入する人は誰でも、ディスクリートGPUとハイエンドのオンボードGPUを装備することになるので、実際にはビジネスの観点からは理にかなっています。これを概観すると、これは、iGPUがまったく付属していないAMDプロセッサで使用される戦略と同じです。


iGPU自体は現在500MHzでクロックされています。これは、ドライバーとリビジョンが完成したら、少なくとも800MHzから1GHzまで上がると確信しています。正確なクロック(800MHzまたは1GHz)に応じて、iGPUのパフォーマンスレベルは約0.5 TFLOPになります。これは、控えめに言ってもわずかです(ただし、何もないよりはましです)。

もちろん、Alder Lakeプロセッサで最も興味深いのは、iGPUや10nmプロセスでさえありません。それは、新しい大小の建築設計になるでしょう。この設計を組み合わせることで、企業は生のパフォーマンスを犠牲にすることなく電力効率を大幅に向上させることができ、モビリティに最適なアーキテクチャになります。

Tiger Lakeの後継機には、非常に印象的な搭載パワーのために少なくとも128のEUがあります。TGL iGPUはすでにNVIDIAのMX150と250をEoL化しており、350と一撃を交わし、後継者は次のMX450でも同じことを行うことができます。Raja Koduriは、同社は当面の間、世代ごとにパフォーマンスを2倍にする計画であり、TGLの後継者は結果としてTFLOPを2倍にする必要があるとすでに述べています。Alder Lakeの大小のコアとTigerLakeの後継のiGPUを組み合わせることで、統合グラフィックスの真の戦いが繰り広げられます。

Intel Alder Lake CPU構成

Alder Lake-Sと呼ばれるAlderLakeのデスクトップ側には、最大125WTDPと最大8つのビッグコア+8つのスモールコアがあります。すべてのコアを同時に使用できるかどうかに応じて、これは電力の観点から8コア設計または12コア相当の設計のいずれかになります。小型で電力効率の高いコアが存在することで、企業はスタンバイおよびアイドル時の消費電力と、わずかな負荷(軽いブラウジングなど)を削減できます。

ソースによって投稿されたデータによると、AlderLakeシリーズのプラットフォームは次のようになります。

Alder Lake-S

  • GT1GPUを搭載した8つのビッグコア+8つのスモールコア
  • GT1GPUを搭載した6つのビッグコア+0のスモールコア

Alder Lake -P

  • GT2GPUを搭載した2つのビッグコア+8つのスモールコア
  • GT2GPUを搭載した6つのビッグコア+8つのスモールコア

Alder Lake -M

  • GT2GPUを搭載した2つのビッグコア+8つのスモールコア

古いIntelPシリーズのSKUが何らかの兆候である場合、おそらくAtomServerシリーズを表す可能性のあるAlderLake-Pもあります。非常に動的なワークロードを持つサーバーも、軽いワークロードと重いワークロードの間のスケーリングをより電力効率の高いものにするため、このテクノロジーの恩恵を受けます。Intel Alder Lake-Mも開発中であり、モビリティシリーズになる可能性があります。これは私たちが最も興奮しているものです。ライトコアの存在により、ラップトップは軽いタスクのためにヘビーコアを使用する必要がなくなるため、ラップトップのバッテリー寿命を大幅に延ばすことができます。

10 ++プロセスに基づくIntelのAlderLake CPUは、LGA1700ソケットに8つの大きなコアと8つの小さなコアを備える

Intelの今後の10nmベースのAlderLakeプロセッサに関する非常に興味深い投稿が、最近中国のPCショッピングフォーラムに投稿されました。この投稿は非常に驚くべきものでした。AlderLakeが地平線からかなり離れているだけでなく(Comet Lakeの後継となるRocket Lakeが先行する)、スマートフォンで大成功を収めている哲学の紹介を紹介しています:big.LITTLE 。

この特定のリークはデスクトッププロセッサ専用ですが、このテクノロジーがAlder Lakeに導入された場合、ノートブックのパーツにも確実に浸透します。これにより、深刻な価値を追加できるはずです。big.LITTLE哲学(ARMによって発明された)により、プロセッサメーカーは、ニーズと需要に応じて、高性能または低エネルギーのクラスターを選択できます。デスクトップ環境では大きな違いはありませんが、TDPエンベロープが通常制約され、電力がかなり制限されているモビリティアプリケーションに大きな影響を与えます。先に進む前に、関連するスライドのスクリーンショットを次に示します。

ここに示されている3つのタイプは、8 + 8 + 1構成(8つの大きな高電力コア、8つの小さな低電力コア、および1つの統合GPU)から標準の6 + 1構成(6つの「大きな」コアのみ統合GPU)。ノートには、Intelが150Wの設計で調査していることも記載されています。Intelがデスクトップ環境での電力エンベロープについて心配している理由は不明ですが、同社はビッグコアのクロックをかなり高くすることを許可すると予想できます。16個のコアすべてが連携して機能するかどうか(または通常の場合は一度に8個のみ)を確認することも興味深いでしょう。ただし、8 + 8 +1と6+ 1の両方のSKUが同じTDPを持っているという事実から判断すると、すべてのコアが連携して動作することはおそらく不可能です。