Intel Tiger Lake 10nm ‘Core i7-1185G7’ CPUは、ブーストクロック4.8 GHzでXe GPUクロック1.55 GHz

(Source:wccftech)

Intelの主力製品であるTiger Lake CPUであるCore i7-1185G7が再び発見されましたが、今回は最終的なクロック速度と思われるものを使用しています。ノートパソコン用のTiger Lake第11世代コアファミリーは来週発売され、最新のCPUおよびGPUアーキテクチャで最大のものであり一連の改善を特徴としています。

IntelのTiger Lake Core i7-1185G7がブースト4.8 GHz、Xe GPUクロックが1.55 GHzに向上

インテルCore i7-1185G7は、Tiger Lakeファミリーが提供しなければならないすべての機能を備えたフラッグシップモデルになります。4つのコア、新しいWillow Coveアーキテクチャに基づく8つのスレッド、5 MBのL2キャッシュ、12 MBのL3キャッシュを備えています。CPUは、Xe-LPベースのDG1 GPUも備えています。これは、96実行ユニットまたは768コアを備えたエントリーレベルの設計です。CPUはTUM_APISAKによってGeekbench 5データベース内で発見され、最も興味深いのは報告されたクロック速度です。

Geekbench 5によると、Intel Core i7-1185G7は3.0 GHzのベースクロックと最大4.8 GHzのブーストクロックを備えています。これは、ベースで7%の向上であり、Intel Core i7-1165G7で2%向上です。Ice LakeベースのCore i7-1065G7は10nmプロセスでしたが、反復は以前よりも洗練されていませんでした。Tiger Lake Core i7-1165G7はベースクロックが230%向上し、ブーストクロックが23%向上しています。Tiger Lake CPUには、最大28W(PL1)まで構成可能な15W標準TDPパッケージが同梱されます。GB5テストファイルでは、CPUは、報告されたブーストクロックと一致する4.77〜4.78 GHzの平均クロック速度を特徴としています。

コア仕様に加えて、CPUはIntel Xe DG1ディスクリートグラフィックカードでテストされました。最新のリストでは、Xe GPUクロックを1.55 GHzに向上しています。これは、統合された製品について以前に注記した1300 MHzから20%向上しています。これはほぼ2.4 TFLOPのパフォーマンスで、既存のPS4とXbox Oneの両方のコンソールよりも高速です。

Geekbench 5 OpenCLベンチマークでのIntel Xe GPUのパフォーマンス比較がHarukaze5719によってTwitterに投稿され、i7-1185G7に搭載されたディスクリートGPUがRadeon Pro 5300Mとほぼ同じ速さであることを示しています。

Intel 11th Generation Tiger Lake CPU Specs ‘Preliminary’

CPU NameCPU ArchitectureCores/ThreadsBase ClockBoost ClockL3 CacheGPU (Xe) CoresGPU (Xe) ClockTDP
Intel Core i7-1185G710nm Tiger Lake SuperFin4/83.0 GHz4.8 GHz9 MB96 EUs (768 Cores)1300 MHz?15W (cTDP 28W UP)
Intel Core i7-1165G710nm Tiger Lake SuperFin4/82.8 GHz4.7 GHz9 MB96 EUs (768 Cores)1300 MHz?15W (cTDP 28W UP)
Intel Core i5-1145G710nm Tiger Lake SuperFin4/8TBDTBD9 MB96 EUs (768 Cores)1300 MHz?15W (cTDP 28W UP)
Intel Core i5-1135G710nm Tiger Lake SuperFin4/82.4 GHz4.2 GHz9 MB96 EUs (768 Cores)1300 MHz?15W (cTDP 28W UP)
Intel Core i3-1115G410nm Tiger Lake SuperFin2/43.0 GHzTBD6 MB48 EUs (384 Cores)?TBD15W (cTDP 28W UP)

IntelのエントリーレベルのCore i5-1135G7もGeekbenchに登場しました(@ davideneco25320経由)。CPUは、4つのコアと8つのスレッドも備えています。また、コアごとに同じ量のL2キャッシュが1.25 MB(合計5 MB)で提供されますが、Core i7製品と比べてL3キャッシュが8 MB少なくなります。CPUは2.40 GHzベースと4.20 GHzブーストのクロック速度で実行されていました。パフォーマンスに関しては、CPUはシングルコアで合計1349ポイント、マルチコアベンチマークで4527ポイントを獲得しました。

比較のために、6コアと12スレッドのAMD Ryzen 5 4600Uは、シングルコアテストで約1100ポイント、マルチコアテストで約5800ポイントを獲得します。これは、Intelのエントリーレベルのi5が、シングルコアでは少なくとも22%高速であり、マルチスレッドワークロードでは約50%低いスレッドを備えているにもかかわらず、約28%遅いことを示しています。

IntelのTiger Lake CPUは来週9月2日に正式に発表されます。ローンチイベントでは、インテルのOEMパートナーが提供するさまざまな次世代ノートブックが発表されることが期待されます。