AMD Van Goghの超低消費電力Ryzen APUが7.5W-18W TDP構成でZen 2 CPUおよびRDNA 2 GPUアーキテクチャを搭載

(Source:wccftech)

AMDは、まもなくノートなどのモバイルセグメントを対象とする、Goghの低消費電力RyzenモバイルAPUの新しいラインを準備しています。これらのAPUの詳細については、標準のUおよびHシリーズセグメントで発売される Cezanne APUとは非常に異なるアーキテクチャが組み込まれるようです。

AMD Van Goghの超低消費電力Ryzen APUが7.5W-18W TDP構成でZen 2 CPUおよびRDNA 2 GPUアーキテクチャを搭載

昨日、TwitterユーザーPatrick SchurからZen 3ベースのセザンヌAPUに関する興味深い新しい詳細を聞くことができました。今日、彼は最新のツイートでGoghAPUに関する情報を漏らしました。AMD Van Gogh APUはRyzenファミリの一部となり、Ryzen 5000ファミリの一部であると推定されます。


ツイートには、Goghファミリの一部であるAMDのRyzen APUが2つの主要なテクノロジーを搭載することが記載されています。これらには、Zen 2 CPUおよびRDNA 2 GPUアーキテクチャが含まれます。AMDがPCプラットフォームで行ったものとはデザインは異なりますが、同じ2つのアーキテクチャがMicrosoftおよびSonyの次世代コンソールに組み込まれています。既存のRyzen 4000 Renoir APUにはZen 2 CPUおよびVega GPUアーキテクチャが搭載されており、次期のCezanne APUファミリにはZen 3 CPUおよびVega Enhanced GPUアーキテクチャが搭載されます。Zen 2 CPUアーキテクチャの完全な可能性はすでにわかっていますが、Van Gogh APUが利用するものは、拡張された7nmプロセスノードに基づいている可能性があります。Zen 2+と呼んでもかまいません。これにより、効率が向上し、クロックの持続性が大幅に向上します。一方、GPU側はRDNA 2の形で大きなアップグレードになります。

AMDのRDNA 2 GPUは、RDNA 1よりもワットあたりのパフォーマンスが向上します。AMDの見積もりでは、ワットあたりのパフォーマンスが50%向上し、統合チップデザインでRDNA GPUが動作していることはまだありません。また、次世代のNavi 2X GPUがモノリシックAPUデザインでどのように機能するかを示す最初のファンは、Goghかもしれません。7nmVega GPU全体のパフォーマンスは大幅に向上することが期待できますが、主なボトルネックは、Van Gogh APUのメモリとキャッシュの設計にあります。帯域幅の問題を軽減するために、AMDのVan Gogh Ryzen APUはLPDDR5メモリを搭載することが期待されています。LPDDR4xメモリの進化により、最大50%高速なデータ転送速度とより高い帯域幅が提供され、グラフィックスパフォーマンスの向上に役立ちます。TDPに関しては、Van GoghベースのRyzen APUは7.5Wからの構成を特徴とし、最大18Wまで構成できます。Goghは、Tiger Lake-Y 9WとTiger Lake-U 15Wの両方のチップに取り組むことができるでしょう。これは、確かにノートブックセグメントで興味深い競争になるでしょう。

AMD Ryzen 5000「Van Gogh」Zen 2 CPUとNavi 21 GPUを備えた低電力モバイルAPU

これらのチップがいつ発売されるかについては言及されていませんが、以前のレポートでは2020年後半にリリースの可能性が示唆されていますが、AMDのRyzen 5000 CezanneファミリがCES 2021で発表されるのと同時に発表が行われると思います。Van Gogh CPUもA0リビジョンにあると報告されています。以前のリークは、GoghがZen 2 CPUコアとNavi GPUコアを搭載する可能性が高いことを示しています。Zen 2は低電力セグメントに非常に効率的なチップであることが証明されていますが、Gogh APUの最も興味深い部分は、Vegaよりも優れたグラフィックアーキテクチャだけでなく、AMDのRDNA 2 IPに基づくグラフィックチップになります。 Van Gogh APUの特定のGPUはNavi 21と言われています。

ここでも、Navi 21コードネームを使用すると多くの人が混乱する可能性がありますが、第2世代Vega(7nm)グラフィックスIPのコードネームであるVega 20と同様に、Navi 21コードネームは第2世代Navi( 7nm)グラフィックIP。Navi 21もBig Navi GPUに使用されるコード名であることは認識していますが、これは、Ryzen 5000 ‘Cezanne’ APUの詳細が現時点で具体的であり、残りのラインナップがほとんどであると私が先に述べたことを嫌うまさにその理由ですさまざまなソースからの推測された証拠に基づいています。