IntelのRocket Lake CPUが5.0 GHzにブースト

(Source:wccftech)

IntelのRocket Lakeは、14nmプロセスをベースにした次期プロセッサシリーズですが、旧世代とは異なり、改良されたアーキテクチャ(Willow Cove)、PCIe 4.0サポート、Xeグラフィックスを備えています。同社がそのファウンドリ容量を最大限に活用できるように、10〜14 nmに予約された高度なアーキテクチャのバックポートと考えてください。これは14 nmプロセスに基づいているため、リークされたベンチマーク(_rogameを介したGeekbench)は、最大5.0 GHz(現在の高度に成熟したプロセスで一般的)までブーストできることを示しており、新しいアーキテクチャは、非常に成熟したノードのため、(クロック速度の観点から言えば)実地に到達することができます。

Intel Rocket Lake CPUは最大5.0 GHzにブーストし、Willow Coveコア、PCIe 4.0、Xeグラフィックスを搭載

これはコアユーザーにとって素晴らしいニュースです。プラットフォームの初期のベンチマークはGeekbenchで発見され、2020年の後半に、あるいはおそらく2021年の初めまでに市場に出ると予想されています。5.0 GHzのブーストクロックと主要な新しいアーキテクチャを組み合わせると、非常に長い時間で(同様のTDPを犠牲にして)Intelのお客様にパフォーマンスアップグレードの最良の組み合わせを提供できるはずです。また、バックポートは、10 nmから7 nmに移行したため、Intelの節約になる可能性もあります。

Rocket Lake-Sは500シリーズのマザーボードに搭載され、主要なアーキテクチャの変更に特徴的な機能を備えています。Willow Cove自体はIPCの大幅な向上をもたらし、これは14nmプロセスに基づいていると見なされます。これは、Intelの現在の世代のプロセッサの節約による恵みであった高いクロック速度を維持できるようになります。その結果、プラットフォームは成功した世代よりもはるかに高速であり(NehalemからSandy Bridgeを考えると)、クロックレートが十分に改善されない場合、次期10nmファミリに悪影響を与える可能性さえあります。

12ビットAV1、HEVC、E2E圧縮に加えて、新しいXeグラフィックアーキテクチャを備えています。これにより、これらのプロセッサのほとんどすべてにエントリーレベルのゲーム機能が搭載されます。新しいオーバークロック機能も含まれます(これが14nmの最後の世代になる場合、Intelはそのクロックを誇りに思うでしょう)。PCIe 4.0は、ネイティブに強化されたDDR4サポートとともに最終的に含まれています。Intel Rocket Lake Sには、合計20個のCPU PCIe 4.0レーンが含まれていますが、マザーボード上のチップセットはさらに数個追加する必要があります。この時点では、PCH PCIeレーンがPCIe 4.0になることも確認されていません。ディスクリートIntel Thunderbolt 4(USB4準拠)も含まれています。これにより、IO速度も大幅に向上します(より高速に接続されたストレージと外部dGPUエンクロージャーを考えてください)。全体として、これはIntelの既存のラインナップを確実にアップグレードする形になっています。眉をひそめる可能性があるのは、Intel SGXセキュリティが削除されたように見えるという事実だけです。Intelがこれを行うには十分な理由があったに違いないと思いますが、セキュリティの脆弱性の多さをきっかけに、同社は餌食になり、セキュリティコアユーザーや企業クライアントのすべての目がこれらのような機能に注目するようになります。

Comet Lake-SからRocket Lake-S,に行くと予想できるIPCの種類についてはまったくわかりませんが、すべての証拠は、これが「進化的」ジャンプではなく「革命的」ジャンプであることを示しています。実際、このリークにより、ゲーマーやコアユーザーはRKL-Sの到着を待たせ、Comet Lake-Sを完全にスキップすることになります。