AMDはRyzen 4000シリーズ「Zen 3」CPUを2021に遅延させる?!

(Source:wccftech)

AMDがZen3の販売開始を遅らせることを決めたということです。Ryzen 4000 CPUの技術的な問題などではありません。単にRyzen 3000シリーズの強い需要によるものが大きく、また、Intelが2021年初期に予定していた次期製品がQ2以降に遅れるリークなどもあり急ぐ必要がなくなった事も理由にあるようです。もちろん感染病に関する理由が大きいのは間違いありません。Digitimesは技術面で台湾で最も信頼できる新聞の1つであり、業界の情報源も豊富であるため、この情報の信憑性を疑う必要はないと思います。

台湾最大の技術新聞によると、AMDは7nm EUVベースの「Zen 3」Ryzen 4000 CPUの発売を2021年初頭に延期

以前のレポート(および公式のロードマップ)によると、AMDは今年の終わりまでに、Zen 3アーキテクチャを備えたTSMCから7nm EUVプロセスに移行する予定でした。これにより、x86市場での地位が固まり、市場シェアが大幅に増加することになります。また、今年の10nm HEDTパーツの出荷は予想されていないため、Intelは現在の価格で完全に競争力のない製品を提供していたでしょう。DigitimesはIntelが今年も10nmを出荷することができないと予測し、AMDは7nm EUVをCES 2021へ発売に遅らせます。

さらに興味深いこととして、このレポートは、AMDが実際にCES 2021の発売時に7nm EUVを完全にスキップして5nm(これもEUVノードである必要がある)に移行することを決定する可能性があることを示唆しています。AMDの2021年初頭までの5nmへの移行は、以前に聞いたものであり、ビジネスの観点から7nm EUVをスキップすることも合理化するでしょう。

AMDが実際にこの動きを遅らせることを計画している場合は、それ以前にも通常の情報源からほぼ確実に連絡があり、それが発生したときにこのストーリーを確認します。