.

AMD 2020年に7nm Naviリフレッシュと7nm +次世代Navi GPUベースのRadeon RXグラフィックスカードを発売へ

(Source:wccftech)

2020年中にグラフィックスが利益を生むゲーム市場を目指していきますし、どのようにRyzen同様のグラフィックス市場に波瀾を起こす事になるでしょう。AMDは、7nmでNaviリフレッシュと7nm+の次世代Navi GPUベースのRadeon RXグラフィックスカードの両方をデビューさせることを確認しました。

AMD BigNaviが2020年にデビュー 7nmおよびNavi Nextを確認

次世代のNaviアーキテクチャをベースとするハイエンドで熱狂的なグレードのRadeon RXグラフィックスカードについてはいくつかの確認がありましたが、AMDが次世代の7nm + RDNAグラフィックスカードを導入するだけでなく、2020年になりましたが、現在のNaviアーキテクチャに基づいて既存のラインアップも更新します。

Q:Lisa、PCおよびデータセンター向けに、2020年の残りの期間に発売する新しいGPUのアイデアを教えてください。

Lisa:はい。2019年に、GPUで新しいアーキテクチャを開始しました。これはRDNAアーキテクチャであり、それがNaviベースの製品でした。これらは2020年に更新されることを期待する必要があります。2020年のラインナップの一部となる次世代のRDNAアーキテクチャがあります。ですから、私たちはそれについて非常に興奮しており、財務アナリストの日にそれについてさらに話します。データセンターのGPU側では、今年後半にいくつかの新製品が登場することを期待する必要があります。

AMDのCEOであるLisa Su博士は、2020年に決算報告の際に新しいRadeon RXグラフィックスカードを再度確認しましたが、次世代のRDNAベースの製品について言及するだけでなく、既存のNavi(RDNA1)グラフィックスカードが更新されることも明らかにしました。2020年にはRDNA 1とRDNA 2の両方が共存するので、興味深い点がいくつかありますが、Big Naviが第1世代のRNDAグラフィックスアーキテクチャのバリエーションであるか、第2世代の7nm +(EUV)プロセス技術であるかなのですが、現時点では詳細は不明です。

最近では、Radeon RX 5950XT、RX 5950、RX 5900、RX 5800 XTなどの製品とともに、EECに新しいRadeon RX 5000シリーズグラフィックスカードのリストがいくつかありました。興味深いのは、AMDが既存のNaviラインナップを更新した場合、NVIDIAがTuring SUPERラインナップまたはそれほど重要でないもので行ったことと同様の製品になるということです。今年、AMDのフラッグシップおよび愛好家向けのグラフィックスカードに搭載される「Big Navi」GPUの重要な詳細をすでに把握しています。AMD自身によると、彼らはRyzenがCPUセグメントに波瀾を起こしたのと同様に、ハイエンドのNavi GPUで4Kゲームセグメントに波瀾を巻き起こす計画しています。

主なAMD Radeon / GPUからの収益の重要なポイントは次のとおりです。

  • 現在の在庫は10億ドルで、昨年から6%減少しています
  • 後続の12か月EBITDAは11億ドル
  • コンソールの発売により、2020年のセミカスタム収益の80%が下半期に見込まれる
  • 2020年には、Naviが更新されます2020年には、次世代RDNA上に構築されたGPUが表示されます
  • AMDの収益の半分は7nm製品ポートフォリオに基づいています
  • セミカスタム収益は30〜50%減少しました
  • サイクル終了コンソールによる2H19

過去数週間にわたり、「BigNavi」GPUに関して一連のうわさが出てきました。私たちは、AMDは間違いなくハードウェアアクセラレイトレーシングに対して、AMDは多額の投資をしてきたものを備えるハイエンドのRadeon RXグラフィックスカードに取り組んでいたことを報告しました。レイトレーシングはRDNA2アーキテクチャの主要な機能であり、ハイエンドのNaviは、Radeon RX 5000シリーズチップに搭載されている既存のアーキテクチャではなく、次世代のRDNAアーキテクチャを利用することを確認します。それに加えて、ソニーとマイクロソフトの両方の次世代コンソールは、レイトレーシングのサポートとRDNA2 GPUも搭載することが期待されています。XboxのトップであるPhil Spencerから次世代のScarlett 8K SOCのティーザーを既に入手しているので、すぐに詳細を期待してください。

AMDのハイエンドRadeon RX Navi GPUは、Navi 10の最大2倍の速度で、大規模なダイサイズとGDDR6メモリを搭載できる という最近のうわさを既に認識しています。第2世代RDNA Navi GPUに期待される機能の一部は次のとおりです。

  • 最適化された7nm +プロセスノード
  • 愛好家向けのデスクトップグラフィックスカードオプション
  • ハードウェアレベルのレイトレーシングのサポート
  • GDDR6とHBM2グラフィックスカードの組み合わせ
  • 第一世代Navi GPUよりも電力効率が高い

未発表のAMD GPUはまた、VRのベンチマークではNVIDIAのGeForce RTX 2080 Tiよりも最大17%高いパフォーマンスであるという情報が先日ありました。これは、最適化されていないドライバーを搭載したハイエンドのNaviベースのグラフィックスカードの非常に初期のサンプルのようです。最終的に、AMDがRTX 2080 Tiを最大30-40%上回ることができれば、ハイエンドゾーンに波瀾を巻き起こす競争相手になります。RadeonブランドをRyzenブランド同様にうまく動かすために、AMDが今真剣に4Kグラフィックセグメントを必要としています。