CPU

Intel第13世代RaptorLake CPUは、2022年第3四半期にシングルスレッドとマルチスレッドのパフォーマンスを最大15%向上させ、AMD Ryzen 7000の「Zen4」チップに取り組]む

Intel Alder Lakeの後継である第13世代Raptor Lake CPUラインナップは、2022年の第3四半期にAMDのRyzen7000「Zen4」チップに取り組むためにいくつかの印象的なパフォーマンスの向上をもたらす予定です。

Intel第13世代Raptor Lakeの噂は、Alder Lakeよりも最大15%のシングルスレッドおよび40%のマルチスレッドパフォーマンスを向上させ、2022年第3四半期にローンチ予定で、AMD Ryzen7000「Zen4」に取り組む

Intelの第13世代Raptor Lakeラインナップの最新の詳細は、Moore’s Law is Dead.から来ています。ブルーチームからの今後のx86アーキテクチャから、パフォーマンスが大幅に向上することが報告されています。Raptor Lakeが多かれ少なかれAlder Lakeファミリーの洗練されたものであり、更新されたP-Core / E-Coreデザインとより高い周波数を備えているからです。

詳細によると、Intel第13世代Raptor Lake CPUは、最大15%のシングルスレッドと40%のマルチスレッドパフォーマンスの飛躍を提供する予定です。私たちが知っていることから、Raptor Lake CPUは、パフォーマンスワークロード用に最適化された新しいRaptor Coveコアを利用します。Intelは8つのP-Coreを設計に残し、パフォーマンスを向上させるために新しいコアアーキテクチャにアップグレードし、E-Coreアーキテクチャは既存のGracemontコアのわずかに洗練されたバージョンになりますが、コア数は8から16に増えます。したがって、 2022年の投資家の会議でIntelによって確認された24コア(8 + 16)および32スレッド(16 + 16)のフラッグシップ構成を取得します。Intel自体は、Raptor Lakeで最大2桁のパフォーマンスの向上について言及しており、Eコアが2倍になり、Pコアが高速になることを考えると、噂の数字は現実的です。

The latest Intel Raptor Lake update has been shared by Moore’s Law is Dead.

発売に関しては、Intelの第13世代Raptor Lakeラインナップは、2022年第3四半期後半に「S」デスクトッププラットフォームで始まり、2022年第4四半期にHX / H / Uシリーズモビリティチップが続きます。これは現在の第12世代Alder Lakeに似ています。デスクトップパーツが2021年第4四半期に導入され、モビリティパーツが2022年第1四半期に発売されるラインナップ。この発売により、AMDのRyzen7000「Zen4」パーツに対して第13世代CPUが配置されます。Ryzen 7000は、一方の端で両方の第13世代Raptor Lake CPUに取り組んでいる非常に興味深い位置にあり、発売後すぐに、第14世代Meteor  Lake CPUとも競合する必要があります。これも印象的なパフォーマンスをもたらすことが期待されます。デスクトップとモバイルの両方のプラットフォーム用に更新します。

現在、AMDが2023年までにZen 5をリリースするという噂がありますが、その場合はまだ確認されていません。Ryzen7000はRyzen5000 CPUのように長く継続されない可能性があり、AMDは競争ルートに進んでZenをリリースする可能性があります。 5ベースのRyzenチップは、次のZen4パーツの発売後1年またはそれよりも早い時期に使用されます。

Intel第13世代Raptor Lake CPUファミリーについて

Intel Alder Lake-Sの第12世代Coreファミリーに代わるものとして、Intel Raptor Lake  -Sのラインナップ は第13世代Coreファミリーの一部となり、2つのまったく新しいコアアーキテクチャを備えています。これらのアーキテクチャは、パフォーマンスコアとしてRaptor Coveを備え、効率コアとして機能する拡張Gracemontコアを備えています。

Intel Raptor Lake-SデスクトップCPUのラインナップと構成

以前にリークされたデータによると、ラインナップは最近の電力推奨でリークされた3つのセグメントで構成されます。これらには、125W、65Wの主流SKU、および35Wの低電力SKUと評価された「K」シリーズの愛好家のSKUが含まれます。トップエンドについては、最大24コア、続いて16コア、10コア、4コア、2コアを用意します。

第13世代Raptor Lake CPUの場合、IntelはRaptor Coveコアごとに2MB L2 / 3 MB L3キャッシュを備え、各Gracemontクラスターは4 MB L2および3MB L3キャッシュを備えていると推定されています。これにより、すべてのコアで36 MBのL3キャッシュ、Pコアの場合は16 MB(2×8)、Eコアの場合は16 MB(4×4)が得られます。

Intel Raptor LakeおよびAlder LakeのCPUキャッシュ構成(噂)

  • Raptor Lake P-Core L3-3 MB(3 x 8 = 24MB)
  • Alder Lake P-Core L3-3 MB(3 x 8 = 24 MB)
  • Raptor Lake P-Core L2-2 MB(2 x 8 = 16 MB)
  • Alder Lake P-Core L2-1.25 MB(1.25 x 8 = 10 MB)
  • Raptor Lake E-Core L3-3 MB(3 x 4 = 12 MB)
  • Alder Lake E-Core L3-2 MB(2 x 2 = 4 MB)
  • Raptor Lake E-Core L2-4 MB(4 x 4 = 16 MB)
  • Alder Lake E-Core L2-3 MB(3 x 2 = 6 MB)
  • Raptor Lakeトータルキャッシュ(L3 + L2)= 68 MB
  • Alder Lakeトータルキャッシュ(L3 + L2)= 44 MB

これが真実である場合、Intelの第13世代Raptor Lake CPUの合計キャッシュ数が55%増加することを確認しています。これでAMDは、64MBのL3キャッシュと96MBのV-Cache SKUを備えた標準の非V-Cacheパーツで引き続き優位に立つことができますが、これは、ブルーチームがさらに改善された10ESF(Intel 7)プロセスノードから期待されるより高いクロック速度とともに、キャッシュとコア数が追加されました。

SKUの詳細は次のとおりです。

  • Intel Core i9 Kシリーズ(8ゴールデン+ 16グレース)= 24コア/ 32スレッド/ 68 MB?
  • Intel Core i7 Kシリーズ(8ゴールデン+ 8グレース)= 16コア/ 24スレッド/ 54 MB?
  • Intel Core i5 Kシリーズ(6ゴールデン+ 8グレース)= 14コア/ 20スレッド/ 44 MB?
  • Intel Core i5 Sシリーズ(6ゴールデン+ 4グレース)= 14コア/ 16スレッド/ 37 MB?
  • Intel Core i3 Sシリーズ(4ゴールデン+ 0グレース)= 4コア/ 8スレッド/ 20 MB?
  • Intel Pentium Sシリーズ(2ゴールデン+ 0グレース)= 4コア/ 4スレッド/ 10 MB?

熱狂的な125W Intel Raptor Lake-SデスクトップSKUは、最大8つのRaptor Coveコアと16個のGracemontコアを備えたCore i9モデルを備え、合計24コア/32スレッドになります。IntelのCore i7ラインナップは16コア(8 + 8)で構成され、Core i5モデルは14コア(6 + 8)と10コア(6 + 4)で構成され、最後に4コアを搭載するCorei3モデルがあります。ただし、効率コアはありません。ラインナップには、Raptor Coveコアが2つしかないPentium SKUも含まれます。すべてのコアは、32 EU(256コア)の拡張Xe統合GPUを備えています。特定のCore i5およびPentiumも、24EUおよび16EUiGPUで構成されます。

Intel 12th Gen Alder Lake-S & 13th Gen Raptor Lake-S Desktop CPU Comparison (Preliminary)

CPU NameP-Core CountE-Core CountTotal Core / ThreadP-Core Base / Boost (Max)P-Core Boost (All-Core)E-Core Base / BoostE-Core Boost (All-Core)CacheTDPMSRP
Intel Core i9-13900K81624 / 32TBA / 5.5 GHz?TBATBATBA36 MB125W (PL1) 228W (PL2)TBA
Intel Core i9-12900K8816 / 243.2 / 5.2 GHz5.0 GHz (All Core)2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz (All Core)30 MB125W (PL1) 241W (PL2)$599 US
Intel Core i7-13700K8816 / 24TBA / 5.2 GHz?TBATBATBA30 MB125W (PL1) 228W (PL2)TBA
Intel Core i7-12700K8412/203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz (All Core)2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz (All Core)25 MB125W (PL1) 190W (PL2)$419 US
Intel Core i5-13600K6814 / 20TBA / 5.1 GHz?TBATBATBA21 MB125W (PL1) 228W (PL2)TBA
Intel Core i5-12600K6410/163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz (All Core)2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz (All Core)20 MB125W (PL1) 150W (PL2)$299 US

Intel RaptorLake-SデスクトップCPUプラットフォームの詳細

その他の詳細には、Core CPU用のIntel独自の「ゲームキャッシュ」としてブランド化されるより大きなL2キャッシュが含まれ、クロック速度は200 MHzのブーストクロックバンプを備えているため、Alder Lake-SデスクトップCPUから考慮すると最大5.5GHzのブーストクロックを期待できます。

Intel’s 13th Gen Raptor Lake Core i9-13900K ES CPU With Up To 32 Threads & 1.8 GHz Preliminary Clocks Spotted 2

Intel Raptor Lake-Sチップは、レポートが示唆するように、DDR4メモリのサポートを維持するとともに、最大5600 Mbps(6500 Mbps LPDDR5(X))のより高速なDDR5メモリ速度もサポートします。これらのSKUに構成される3つのメインダイは、8つのCoveコアと16のAtomコアで構成される上部の「Large」ダイ、8つのコアと8つのAtomコアで構成される「Mid」ダイ、そして最後に6つのCoveコアがあり、Atomコアがない「Small」ダイです。

第13世代CPUは、強化されたオーバークロック機能も備えています。Alder Lakeは現在最大5.5GHzで、次のCore i9-12900KS SKUは、主流のプラットフォームでこれまでで最高の最大電力定格260Wで評価されています。Raptor Lake CPUによってサポートされ、PCIe Gen5 SSDサポートと関係がある可能性のある新しいAI M.2モジュールサポートもあります。AIモジュールはPCIe Gen5 SSDを自動的に検出し、M.2スロットのプロトコルを新しい標準に設定できますが、詳細を知る必要があります。Intel Raptor LakeのラインナップはLGA1700ソケットと互換性がありますが、1800のすべてのコンタクトパッドを利用し、 AMDのZen4搭載のRyzen7000のラインナップと競合します。Intelによる2022年半ばまでの詳細情報を期待してください。

Intel Mainstream Desktop CPU Generations Comparison

Intel CPU FamilyProcessor ProcessProcessors Cores/Threads (Max)TDPsPlatform ChipsetPlatformMemory SupportPCIe SupportLaunch
Sandy Bridge (2nd Gen)32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge (3rd Gen)22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell (4th Gen)22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell (5th Gen)14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake (6th Gen)14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02015
Kaby Lake (7th Gen)14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake (8th Gen)14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake (9th Gen)14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake (10th Gen)14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake (11th Gen)14nm8/1635-125W500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake (12th Gen)Intel 716/2435-125W600 SeriesLGA 1700DDR5 / DDR4PCIe Gen 5.02021
Raptor Lake (13th Gen)Intel 724/3235-125W700-SeriesLGA 1700DDR5 / DDR4PCIe Gen 5.02022
Meteor Lake (14th Gen)Intel 4TBA35-125W800 Series?TBADDR5PCIe Gen 5.0?2023
Arrow Lake (15th Gen)Intel 20A40/48TBA900-Series?TBADDR5PCIe Gen 5.0?2024
Lunar Lake (16th Gen)Intel 18ATBATBA1000-Series?TBADDR5PCIe Gen 5.0?2025
Nova Lake (17th Gen)Intel 18ATBATBA2000-Series?TBADDR5?PCIe Gen 6.0?2026

(Source:wccftech)

関連記事

  1. TSUKUMO 第3世代RyzenとGTX 1650搭載で約10万円の…

  2. Intel Core i3-12100やCeleron G6900 N…

  3. AMD Athlon 200GEとRyzen Pro 2000 ser…

  4. IntelはXe dGPUのCadenceを確認し、Xe GPUライン…

  5. ドスパラ AMD Ryzen 9 3950Xを搭載したハイエンドゲーミ…

  6. パソコン工房 第8 世代Core™ i7 とGeForc…

  7. AMD 次期APU Renoir Zen2+Vega10 graphi…

  8. Intel Z390を発表

  9. AMD Ryzen Threadripper 2970WX/2920X…

  10. Intel 独自GPU開発~2020年ラウンチか?

  11. AMD Ryzen9 3950X 16コア全てが4.15GHzのOC可…

  12. Intel CPUはAlderLakeのおかげで、2021年全体で最高…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP